無料の間取りソフト14個を比較して最後に選んだのはコレ

家の間取りを考えるなら『間取りソフト』を使った方がノートに書くより編集が簡単です。

間取りのフリーソフトを探して見ると、無料で使えるものがいくつもでてきたので、どれが一番使いやすいのか、気になるソフトを全部使ってみました。

無料で使えるパソコン・オンラインサービス間取り作成ソフトの紹介

無料とはいえ、どのソフトも平面図をきれいに作成でき、立体表示ができるものや、手書き感を出せるなどのオリジナル要素があるので見ているだけでも面白いです。

パソコンにセットアップして使う無料間取りソフト

ここからはパソコンにインストールして使う無料間取りソフトを9つ紹介していきます。

せっけい倶楽部

せっけい倶楽部

高性能なのにフリーソフトとして無料提供されてます。入力した間取り図を元に、3次元描画でリアルに再現できるのが特徴です。

対応OS:Windows 8/7/Vista/XP
HP:http://www.houtec.co.jp/club/

イエスマイハウス2010フリーウェア版

イエスマイハウス2010フリーウェア版

イエスマイハウス2010の無料版です。印刷やネットワークなど一部機能に制限があります。

対応OS: Windows 7/Vista/XP
HP:http://www.yesmyhouse.jp/download.html

間取りPlannerPlus/フリー版

間取りPlannerPlus/フリー版

間取に必要な基本的な機能がありますが、無料版は平面図の印刷や画像保存などができません。

対応OS:Windows 7 / Windows Vista / WindowsXP
HP:http://www.psisland2.com/download.html
公式ページが閉鎖されてしまいました。
ソフトのダウンロードはこちらからできます。
間取りPlanner Plusの詳細情報 : Vector

3DマイホームデザイナーYビューア

3DマイホームデザイナーYビューア

「3DマイホームデザイナーYビューア」は、MEGASOFT社製「3DマイホームデザイナーLS2」の機能を一部制限した無料版です。間取は作れず、間取サンプルを見るだけのソフトです。

対応OS:Windows 7/Vista/XP/2000
HP:http://housing.realestate.yahoo.co.jp/megasoft/
ダウンロードサービスは終了しました。

Myプランナー

Myプランナー

Myプランナーはマウス操作だけで家の間取り図を作成することができるソフトです。インターフェースから各オプションがあるので、自分好みにより、家の間取り図を作成できます。

対応OS:WinXP, Windows Vista, Windows 7
HP:平面図作成ソフト「Myプランナー」のダウンロード

Excel DE 間取り図

Excel DE 間取り図

「Excel DE 間取り図」は、Excelを使って間取り図が簡単に作成できるフリーソフトです。自分で間取りを考えて作成してみたい方など、一度お試しください。

対応ソフト:マクロが利用できるエクセル
HP:http://www.kyotodefudosan.com/xls_madori/xls_madori.html

間取くん

間取くん

無料で使えるワードで簡単間取作成ソフトです。普段仕事などでワードを使い慣れている人にはピッタリです。

ワード上で作るので間取を様々な形式で保存活用でき、ワードの図形描画機能などで、文字や写真などの組み合わせが可能です。

対応ソフト:ワード
HP:http://www.e-thermal.jp/solution/madori/index.html

マドリックス 手書き間取りツール

マドリックス 手書き間取りツール

従来のCADにはない手書きタッチを作り出せます。WORDデータなので汎用性があり簡単なやり取りが可能なことがメリットです。

対応OS:Windows Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
HP:http://madrixclub.chottu.net/tegakimadrix.htm

FingerPlan

FingerPlan

指1本で簡単作図。立面、パースが即立ち上がり、「動く室内3Dパース」が作れます。ソフトをダウンロードするには無料のアカウント登録が必要です。

対応OS:iPad,Windows
HP:http://reformclick.net/

オンラインで間取りを作成できるサービス

パソコンにソフトをインストールせずにネットにつなげて間取りが作れるサービスを紹介します。

Windows、MacなどOSに関係なく使えるだけでなく、写真のようなクオリティの高い間取りが作れるサービスが多いのが特徴です。

ただ、海外製のものが多く、メニュー表示が日本語になっていないので使いづらさを感じるかもしれません。

Sweet Home 3D

Sweet Home 3D

Sweet Home 3Dは2Dで住宅を設計し、3Dビューで確認しながら家具等も配置できる無料の間取り作成アプリケーションです。Webサービス版とダウンロード版があり日本語にも対応してます。
HP:http://www.sweethome3d.com/ja/index.jsp

homestyler

homestyler

webブラウザで簡単に使える、無料の間取りツールです。リアルな間取りを作ることができますが、日本語に対応していないのが残念なところです。
HP:http://www.homestyler.com/

Wanaplan

Wanaplan

オンラインサービスで使える間取りソフトです。簡単に3D間取り図を作成&立体化できます。日本語には対応していません。
HP:http://www.wanaplan.com/en/plan/

floor planner

floor planner

Floorplanner は、対話型の間取り図をオンラインで作成し共有できます。家具などのイラストがキレイで見やすいです。
HP:http://www.floorplanner.com/

間取自由設計

間取自由設計

誰でもウェブ上から容易に住宅設計できる事を目的に「間取自由設計」は作成されています。
HP:http://www5f.biglobe.ne.jp/~cinqs-lab/fdesign/index.html

「間取り自由設計」は、2017年12月31日で閉鎖しました。その代わりに後継ソフト「住宅間取り設計」が新しく公開されています。

住宅間取り設計

ウェブ上で間取りを作成できるフリーソフト。ダウンロードが不要で、すぐに家を設計できます。

無料ソフトを比較して一番使いやすかったのはコレ

無料の間取りソフトだけでも10個以上あるので、試すだけでもけっこう大変でした。

間取りを作るだけなら、どれでもできるのですが、見やすさや立体表示となるとなかなか良いものがありません。

Webで使えるオンラインサービスは写真みたいにリアルな図面ができる物が多いので、期待していたのですが。。。

残念ながら、操作方法がわかりにくい、日本語に対応していない、日本の一般的な寸法で間取りが作れないなど、使いやすいとはとても言えませんでした。

いろいろなソフトを試して比較した結果、わたしが一番使いやすいと思った無料間取りソフトはこれです!

「せっけい倶楽部」

わたしが最初に使った間取りソフトは「せっけい倶楽部」でしたが、他の無料ソフトを使ってみると改めてよくできたソフトだと実感できました。

使っているユーザーも多く、他の人が作った間取りを見れるようになっているのも便利。

間取りソフトで迷ったら「せっけい倶楽部」を使ってみてください。

「せっけい倶楽部」に満足できなかったら?

「せっけい倶楽部」は、無料とは思えない多機能ぶりで間取りもサクサク作れるのですが、しばらく使っていると物足りなくなってきました。

どこが物足りなくなってきたかというと『立体表示』の機能です。

「せっけい倶楽部」でも間取りを3D表示にしてグリグリといろいろな視点から見ることができます。

しかし、間取りを作った後に家の中を歩き回れる『ウォークスルー機能』がありません。

間取りを作るだけならこの機能は別に必要ないんですが、作った間取りを自由に歩き回れると生活動線を確認するのに役立ちます。

そんなわけで、わたしは無料ソフトで満足できずに、有料ソフトを買ってしまいました。

詳細については、こちらの記事に書きましたので興味があれば読んでみてください。

→ 無料の間取りソフトに不満!有料の間取りソフトを買うならコレ

まとめ

手書きでも間取り図は作れるんですが、間取りソフトを使うと簡単に修正できたり立体表示で見れたり、延べ床面積を計算したりなど、紙ではできないことができるメリットがあります。

自分で間取りを作るときだけでなく、ハウスメーカーから提案された間取りを立体表示することもできるので、最高の間取りで暮らしたいと思ったら、ぜひ利用してみてください。

『間取り』で悩んだときに参考にするもの

間取りソフトを使えば、「見た目」にはキレイな間取りを簡単に作ることができます。

しかし、家づくり初心者が良い間取りを作るためには相当な勉強が必要です。

でも、勉強したくても仕事や家事で忙しいとなかなか時間が作れなかったりしますよね。

そんな時は、プロの間取りプランを参考にすると意外な提案をもらえるかもしれません。

無料でもらえる設計プランの価値は?

ほとんどのハウスメーカーで間取りプランは「無料」でもらえます。

これって普通のことですが、よく考えたら非常識なんです。

例えば、弁護士や経営コンサルタントを考えてみてください。

このような人たちに相談やアドバイスを求めると、相談料として1時間1万円請求されたりします。

なぜかというと、その職種の人達の知識にはそれだけの価値があると普通に認められているからです。

それに比べて、ハウスメーカーの「間取りプラン」はどうでしょうか?

ほとんどの会社がプロの建築士が考えた「間取りプラン」を無料提供しています。

普通に考えたら「異常」です。

タダで知識をバラまいてるんですから。

間取りプランの料金は住宅価格に上乗せされてる

なぜ、こんな非常識なことをやっているのかというと、すべては「建築契約」を取るためです。

なので、間取りプランや見積もりを『無料』といっていますが、本当のところは、住宅価格に上乗せされているので実際は無料ではありません。

しつこく営業されずに『間取りプラン』がもらえる

あなたは、見積もりや間取りプランをもらうとしつこく営業されそうだと思っていませんか?

実は、ハウスメーカーの営業と会わずに間取りプランを複数の会社からもらう方法があります。

「営業されたくないけど、間取りプランをたくさんもらって比較したい!」

そんなときに役立つのが一括間取り依頼ができる『タウンライフ』です。

タウンライフ
タウンライフ

タウンライフは、一括資料請求サービスのひとつですが、他の一括資料請求サービスと違い、ネットだけで「間取りプラン」の提案までもらうことができます。

住宅展示場へ行かなくても良いので、夜中に自宅のパソコンからたった数分で申し込むことができます。

住宅会社から確認の電話がかかってくることはありますが、しつこく営業されることはありません。

なぜなら、タウンライフに登録されている会社は最初から他社と比較されることや、直接会っていないので断られやすいことがわかっているからです。

これまで住宅展示場の営業マンが怖くて間取りプランをもらえなかったのなら、このサービスを一度利用してみてください。

タウンライフの詳細はこちら

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたへのおすすめ記事

ページの先頭へ