自分で間取りを考えるのは危険?!素人が間取りを提案するデメリット

間取り

新築で住心地を家づくりで暮らしやすい家にするためには、間取りが重要です。

間取りは、住宅会社や設計士に依頼することが一般的だと思います。

ただ、住宅会社に間取りをお願いしても自分の希望に合う間取りがなかなかできないこともあります。

そうなると自分たちが住む家なのだから、自分たちで考えた方が良い間取りができると思うかもしれません。

ですが、自分で間取りで考えて家を作った場合、メリットよりもデメリットの方が多くなります。

ここでは、自分で間取りを考える場合に注意しておくべことを説明していきます。

自分で考えた間取りを提案することのメリット・デメリット

まず、自分で考えた間取りを住宅会社や建築士に提案する場合のメリット・デメリットをまとめてみます。

自分で間取りを考えるメリット

・間取り図だけで希望や要望を伝えられる

自分で間取りを考えるデメリット

・間取り図に書いたことしか伝わらないことがある
・予算や構造の問題で変更が必要になることがある
・外観や見た目まで考慮されていないことがある
・設計士が改善点などを指摘してくれないことがある
・設計士から新しい提案をもらえないことがある

メリットはありますが、デメリットの方が多いですね。

いくつかデメリットがありますが、まあ、建築素人が考える間取りなので、そのままでは使えないというのはわかると思います。

しかし、改善点を指摘しないとか、新しい提案をしてくれないというのは最悪です。

実力のある設計士なら、こちらから出した間取りを見て、問題点を指摘したり、より良い間取りを提案してくれるはずです。

だけど、実力がなく、やる気がない設計士に当たってしまうと

「施主がこの間取りでやりたいなら、それでいきましょう。」

っと思考停止してしまい、設計の仕事を放棄してしまいます。

そして、その間取りで家を建てて、あなたが実際に住んでみたら暮らしづらかったとしても、

「自分で考えた間取りなんだから文句を言われる筋合いはない」

と逃げ道を作られてしまうわけです。

こうしてみると、自分で考えた間取りを提案するのってかなりリスクが高いですね。

自分で間取りを考えない方が良い?

自分で考えた間取りを提案するのはデメリットが多いと説明しましたが、そうなると自分で間取りを考えない方が良いのでしょうか?

いえ、自分でも間取りは考えた方が良いです。

ただ、それを間取り図という形で設計士に渡すのは辞めた方が良いということです。

間取り図を渡せば、あなたの希望する間取りをひと目で伝えられるメリットはありますが、設計士が思考停止する可能性もあるのでリスクの方が大きいです。

設計士に良い間取りを作ってもらうコツ

あなたが間取りを考えたとしても、間取り図をそのままで設計士には渡さないでください。

なぜなら、素人が考えた間取りでは知識が足りないため、最善の間取りになっていない場合が多いからです。

腕の良い設計士なら、間取りの問題点を指摘してくれますが、やる気のない設計士の場合は、問題を抱えたままで家が立ってしまうので危険です。

もし、渡すとするなら、その間取り図と一緒に間取りを作ったときの考えを文章で箇条書きにして渡した方が良いです。

箇条書きとしては、

・部屋の風通しを良くしたいから窓を多くしたい
・リビングの日当たりを良くするために大きな窓を付けたい
・生活動線を短くするために通路を少なくしたい

など、何のためにその間取りにしたのかを書いておくと、設計士がもっと良いアイデアを提案してくれるかもしれません。

そうすれば、部屋を明るくするために窓を大きくしたけど、設計士の話を聞くと、大きな窓を一つにするよりも窓の数を増やして、位置を変えた方が使い勝手が良いことが分かったりします。

設計士の中にも経験が豊かで良い提案をしてくれる人もいれば、やっつけ仕事でやる気のない人もいるので、どんな人があなたの設計を担当するのかを知っておいた方が良いですね。

まとめ

家づくりでこれから住む家の間取りを考えるのは楽しいですが、素人考えの間取りを設計士に見せるときはデメリットのことも考えて提案をしてください。

結局は、設計士次第ということです。

もし、あなたが提案した間取りがどこも修正されず、問題点も指摘されない場合は、自分の間取りは「完璧だったんだ!」と安心するのではなく、「この設計士はお金をもらってるのにやる気あるのか?」と設計士のやる気を疑った方が良いです。

設計士から新しいプランが出てこないようなら、第三者の間取り診断を利用した方が安心できます。

暮らしやすい家は「間取り」で決まる

間取り比較ができる無料サービスの記事へ 大手ハウスメーカーを始め複数の住宅会社の建築士たちが、
あなたのために無料で間取り作成してくれるサービスとは?
>>詳細記事はこちら<<

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ