【新築節約術】家庭内LANを空配管を使って自分で配線する

インターネット回線

「1ヶ所3万円です。」

これって何の値段かわかりますか?

我が家でLANケーブル配線工事の見積もりをお願いしたときの値段です。

わたしは正直こう思いました。

人件費たかっ!!

だって、空配管にLANケーブルを通すだけですよ?!
2,000円もあればLANケーブル買えますよ?!

そう考えると、工事を依頼するのが馬鹿らしくなってきたので、新築時は空配管の工事だけお願いして、LANケーブルの配線は自分でDIYでやることにしました。

そんなわけで、我が家の空配管にLANケーブル配線とLANコンセントを設置した方法について説明していきます。

もし、これから家を建てるなら、この方法を知っておけば家庭内LANだけで10万円以上節約することも可能です。

10万円節約できれば、ワンランク上のエアコンや冷蔵庫を購入できるので、ぜひ参考にしてみてください。



LANケーブルを配線するのに購入したもの

まずは、空配管にLANケーブルを通すのに必要なものを買い集めます。

LAN配線の道具

左から「RJ-45コネクタ」、「ぐっとす」、「かしめ工具」、「LANケーブル」になります。

  • かしめ工具 ラチェットタイプ RJ45コネクタ 約3,000円
  • RJ-45コネクタ 約700円
  • ぐっとす情報モジュラジャック 約4,000円(約1,300円 x 3個)
  • Cat5e準拠LANケーブル 40m 約3,200円
  • 合計:約10,900円

LAN配線をする部屋は、最初は5ヶ所のつもりでしたが、家族との話し合いで1階に2ヶ所、2階に1ヶ所の3部屋になったので、その分だけの材料を購入しました。

LANケーブルの長さはルーターから設置場所までの長さで変わるので、必要な長さをメジャーで測って少し長めのものを購入しています。

最初はLANケーブルはコネクタの付いてないものを買う予定でしたが、それだと100m単位になってしまうので、3部屋分を配線するのに必要な長さをメジャーで測って、コネクタ付の40mのLANケーブルを購入しました。

我が家の場合は3部屋分のLANケーブルなど必要な道具を買っても1万円程度でした。

DIYに必要な道具・材料を購入した場所

近所のホームセンターで売っていれば全部買うつもりでしたが、「かしめ工具」が売っていなかったので面倒くさくなって全部ネットで購入しました。

こちらでまとめて購入すれば送料無料になります。

→ パソ電通信【楽天市場店】

空配管にLANケーブルを通すのに必要なもの

家にある身近なものを使ってLANケーブルを空配管に通します。

  • 掃除機
  • ビニール紐(PP荷造りひも
  • ビニールテープ

もし、これらがない場合、二度と使わないような専門工具が必要になります。

専門工具は1万円以上するので、できるだけ安くしたいなら日用品で代用した方が安上がりです。

LANケーブルを空配管に通す方法

二階の部屋から空配管を通して、一階の情報分電盤のある部屋へ有線LANを通します。

LAN用の空配管はこのコンセントプレートがある壁の中を通ってます。

コンセントカバー

コンセントプレートを外すとこんな感じで右側にLAN配線コネクタを追加できるようになってます。

コンセントカバー取り外し

空配管にLANケーブルを通すためにコンセントのプレートの固定金具を外して、下の方からコンセントを覗き込むと、LANケーブルを通す赤い配管が上の方に見えます。

空配管の位置

この配管にこの購入したLANケーブルを通していきます。

LANケーブル

LANケーブルの片側をゴムテープでコネクタを巻いて引っかからないようにします。

LANケーブル

テープを巻いたLANケーブルを空配管に押し込んでいきます。
引っかからずにこのまま行ってくれれば楽なんですが。。。

LANケーブルを押し込む

10mぐらいまでは抵抗なくケーブルを押し込めていたのですが、途中でケーブルを押し込んでも進まなくなってしまいました。

反対側の情報分電盤に出たのか念のため確認しましたが、やっぱり出てませんでした。

やっぱり、LANケーブルを通すには紐に結んで引っ張らないとダメみたいです。

専用のケーブル通しの道具を使えば簡単なのでしょうが、1、2回しか使わないものに高い金額を使って購入するのも嫌なので引越などに使う荷造りテープ(ビニールテープ)を使うことにします。

空配管の片側にビニールテープを入れて反対側から掃除機で吸うという方法です。
このやり方はネットで調べて簡単そうだったので、試してみることにしました。
まずは、ビニールテープを用意します。

ビニールテープ

ビニールテープの端を結んで空配管に押し込みます。

ビニールテープを押し込む

反対側から掃除機を細口ノズルに付け替えて吸い込みます。

掃除機の細口ノズル

反対側の情報分電盤はこんな感じになってます。
白いビニールテープが出てるのは他の部屋で試して成功したものです。
今回はその上の空配管にビニールテープを通します。

情報分電盤の中

掃除機の吸込み口を空配管に当てて空気が漏れないように抑えながら、掃除機のスイッチを入れます。

掃除機を空配管に押し当てる

ズオオオオォォーーー!!

掃除機が勢いよく吸込みますが、なかなかビニールテープが見えません。
引っ掛かってるのかと思って二階の様子を見に行くと見事にビニールテープが絡まってました。

ビニールテープが絡まる

あらかじめビニールテープを出していたのが悪かったみたいです。
絡まったビニールテープを直して再度、掃除機で吸込むと無事にビニールテープを吸込むことができました。

ビニールテープを吸込む

ネットではすぐに吸込んだみたいな書き込みがありましたが、わたしの場合は掃除機の吸込み口と空配管の口の隙間を埋めるのがうまくできずに時間がかかりました。

また、吸込んだ後にすぐに掃除機のスイッチを切らなかったため、掃除機の中までビニールテープが入っていってしまいました。

空配管にビニールテープが通ったので、このビニールテープの端にLANケーブルの端をテープで結びつけてビニールテープを引っ張ります。
距離が長いのでけっこう強めに引っ張っていきます。

ビニールテープをグイッ、グイッ、と引っ張っていましたが、しばらくすると動かなくなったので二階に見に行くとLANケーブルを丸くなっていました。

LANケーブルが絡まる

こんなことがあるので引っ張って抵抗があるときは様子を見に行って状態を確認した方が良いです。

ケーブルの絡まりを解いてから、一階に戻ってケーブルを引っ張ると今度は無事に情報分電盤までケーブルの先端を引っ張ることができました。

LANケーブルを引っ張る

この作業は一人でやるとけっこう面倒なので、家族がいるなら手伝ってもらって二人でやった方が簡単です。

「ぐっとす」を使ってLANコンセントを設置する

情報分電盤の方に引っ張ったLANケーブルを解いてルーターに接続して、二階のLANケーブルの端末処理をしていきます。

まずは、LANケーブルを切断します。
今回購入した「かしめ工具」にケーブル切断するカッターが付いていたので、これを使って切断します。

LANケーブルを切断

次に、切断したLANケーブルをつなぐために「ぐっとす」を準備します。

ぐっとす

「ぐっとす」の蓋を空けるとこんな感じになってます。

ぐっとすの蓋を空ける

これを切断したLANケーブルに取付けます。

ぐっとすをLANケーブルに取付ける

配線を「ぐっとす」の溝に押し込めます。
配線の並びは利用環境に合わせて変わってきます。
今回はストレート配線で配置します。

ぐっとすに配線

「ぐっとす」の蓋で配線を一カ所ずつ押し込んで固定していきます。

配線を押し込む

余分な配線をニッパーで切り取ります。

無駄な配線を切断

蓋をして「ぐっとす」の取り付けは完了です。

蓋を閉める

ここまでで、壁のコンセント部分はこんな感じになりました。

ぐっとす取付け完了

この時点でLANケーブルをテレビにつないでインターネットに接続して無事に繋がることが確認できました。
ネットへの接続が確認できたのでコンセントプレートの固定金具を取付けていきます。

コンセントカバー取付け

コンセントカバー取付け

コンセントカバー取付け

あとはコンセントプレートの蓋を閉めるだけですが、ここでちょっと問題が。

もともとあったコンセントプレートだとLANコネクタ用の穴が開いていないのでそのままでは使えないことが判明しました。

コンセントカバーサイズ違い

カッターで穴をあけても良いのですが面倒くさいし、見た目も悪くなるのでホームセンターに行ってサイズの合うプレートを買ってきて取付けました。

LAN配線完了

同じように他の部屋もビニールテープを通してLANケーブルを通しました。
全部で3部屋にLANケーブルを通したのでけっこう大変でしたが、業者に頼むよりも安くできたので頑張るだけの価値はあると思います。

まとめ

新築時に各部屋にLAN配線を業者にお願いすれば、今回のような配線工事を自分でやる必要はないです。

しかし、少しでも建築費用を抑えたいなら、わたしのようにDIYでLAN配線をすれば、数万円の建築費用が節約できます。

DIY初心者のわたしでもできたので、「自分でもできそうだな」と思ったら、ぜひDIYでのLAN配線にチャレンジしてみてください。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

“【新築節約術】家庭内LANを空配管を使って自分で配線する” への2件のフィードバック

    1. 電気工事の仕事をしているわけではないので、感電する可能性がまったくないとはいえません。
      確かに隣にコンセントがありますが、コンセント部分に触れることはないので危険性は感じませんでした。

      ちょっと怖いなっと思うなら、お金はかかりますが素直に業者に頼みましょう。
      怖い思いをしてまで自分でやる必要はないですからね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ