複数の住宅会社の「間取りプラン」を比較できる無料サービスとは?

「間取りが良ければ後悔しない!」

そう言われるくらい、間取りは家づくりで重要な意味を持っていますが、間取りで失敗する人が後を絶ちません。

なぜなら、良い間取りを作ってくれる、提案してくれるハウスメーカー(建築士)が圧倒的に少ないからです。

家づくりで後悔したくないなら、良い間取りにする必要があります。

そんな良い間取りを作るのに役立つのが今回紹介する無料サービスの「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ公式サイトはこちら

タウンライフ家づくりの特徴とは?

一括見積もりサイト「タウンライフ家づくり」は、注文住宅を建てるときに利用すると便利な無料サービスです。

「タウンライフ」では、「見積もり」「間取りプラン」「土地探し」などの「家づくり計画書」を複数の会社からすべて無料でもらえます!

似たようなサービスで「SUUMO(スーモ)」や「ホームズ」などの資料請求サイトがありますが、これらのサービスではカタログ請求までで、見積もりまでもらうことはできません。

複数の住宅会社に同じ条件で相見積もりをしたいときや、どれくらいの予算で家が建てられるのか見積もりだけほしいとか、住宅展示場へ行って営業トークを聞きたくないときに役立ちます。

タウンライフは信用できる?

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで、タウンライフには300社以上が登録されているので、簡単に複数の住宅会社へ一括見積を依頼できます。

登録されている会社は300社以上ですが、家を建てる時の「地域」を入力すると施工範囲になっている会社が10社程度リストアップされるので、その中から見積もりを依頼したい会社を選んでいくことになります。

そして、登録されている会社はどんな会社かというと、このように書かれています。

「タウンライフに掲載している登録会社様は全て厳格な国家基準をクリアした信頼のある住宅会社様のみが掲載されています。」

しかし、正直、これだけだとどんな審査をしてるのかわからないですよね?

なので、わたしはタウンライフ担当者に直接問い合わせをしてみました。

建設業許可票や宅建取引業者免許証 (こちらは必須ではございません)といった書類の提示だけでなく、瑕疵保険の写しも提出してもらい、さらに当社にて厳密な「反社調査」をしたうえで、クリアした会社のみ、取り引き掲載をさせていただいております。

「反社調査」がどんなものかまではわかりませんでしたが、ちゃんとチェックをしているのはわかりました。

ついでに、ホームページ上で「信頼していただける理由」に掲載されている一番左の画像が何だかわからなかったので確認し、「建設業許可票の通知書」だと教えてもらいました。

タウンライフに登録されている住宅会社

住友不動産、タマホーム、大和ハウス工業、積水ハウス、トヨタホーム、東急ホームズ、アイフルホーム、セキスイハイム、アエラホーム、三菱地所ホーム、富士住建などの大手ハウスメーカーを含む300社以上が登録されています。

相見積もりとわかってるので、しつこい営業がない

住宅会社へ見積もりを依頼すると、営業担当者から契約をしてほしいというプレッシャーを感じたり、「近くまで来たので寄ってみました!」と、自宅までしつこく営業されそうで嫌だと思ったことがありませんか?

「一括資料請求サイト」はネットでの申し込みなので、営業担当者と会う必要がなく、売り込みのプレッシャーを感じることはないです。

そして、会社側も相見積もりで依頼していることを知っているので、しつこい営業行為をされることはないです。

カタログや見積もりが届いたかを確認するための電話はありますが、しつこい電話がされることはないです。

もし、万が一しつこい電話があったとしても、相見積もりをしている他の会社に決めたといえば、営業電話がかかってくることはありません。

タウンライフを利用する一番のメリットは?

最初でも紹介しましたが、タウンライフは一度の依頼で、複数の会社から間取りや見積もりなどの「家づくり計画書」がもらえます。

これが一番のメリットで、カタログや見積もりをもらうために住宅展示場などで一社一社訪問する手間が必要なくなります。

住宅展示場へ行かなくて良いというのが大きいです。

モデルハウスを見に行くと、必ず説明のために営業の人が付いてきます。

「いつまでに家を建てたいですか?」

「どんな間取りを考えていますか?」

「これは我が社の独自技術で・・・」

「この地域の特定にあった工法で・・・」

などなど、モデルハウスを見ている間、質問や営業トークをされると地味に疲れます。

私も経験がありますが、モデルハウスの見学とカタログだけ欲しいときに色々聞かれると、営業の人には悪いですが、正直うっとおしいです。

そういう営業を受けなくても良いというだけでも、タウンライフを利用するメリットはあります。

タウンライフのデメリットは?

タウンライフの一括見積もりを利用すると簡単に家づくりの資料を集めたり、相見積もりをすることができます。

これだけ見ると利用者にはデメリットは何もないです。

しかし、少し残念なことが2つあります。

・地域によっては選択できる会社が少ない
・第三者のアドバイスがない

地域によっては選択できる会社が少ない

家を建てる地域によっては、タウンライフに登録されている住宅会社が少ない場合があります。

わたしが家を建てた千葉県木更津市の場合は、5社しか候補として表示されませんでした。

ただ、その中には、わたしがネットで何時間も調べたのに見つけられなかった住宅会社もありました。

タウンライフを利用すると、これまで見つけられなかった会社が見つかることがあります。

住宅会社の候補を増やしたいなら、一度チェックしてみても損はないです。

第三者のアドバイスがない

タウンライフのホームページを見ると、家づくりのアドバイスがあると書かれていますが、このアドバイスをするのはタウンライフではありません。

「えっ!?じゃあ、誰がアドバイスするの?」

それは、あなたが「家づくり計画書」を依頼した住宅会社です。

例えば、あなたが「家づくり計画書」を3社に依頼したとします。

そうすると、その3社から「家づくり計画書」が送られてきてアドバイスがもらえるということです。

つまり、「タウンライフ」が第三者として「あなた」と「住宅会社」の間に入ってアドバイスをすることはありません。

ただ、第三者としての客観的なアドバイスがもらいたい場合は、こちらのサービスがあります。

→ タウンライフ注文住宅相談センター

こちらのサービスを利用すると、電話であなたの要望や希望に元に、あなたに最適な注文住宅会社を紹介してくれます。

家づくりに関する相談は何回でも無料なので、中立的な立場から厳選した住宅会社を紹介してもらいたいときにはこちらのサービスをご利用ください。

タウンライフはなぜ無料なのか?

タウンライフは無料ですが、なぜお金がかからないのでしょうか?

それは、住宅会社から宣伝費としてお金をもらっているからです。

あなたがタウンライフへ見積依頼をすると、タウンライフからあなたの情報が住宅会社へ送られます。

そして、住宅会社はあなたがお客さんになることを期待して、「家づくり計画書」を送付します。

つまり、タウンライフは住宅会社から宣伝費をもらって経営しているのです。
このような理由であなたはタウンライフを無料で利用することができます。

先程のデメリットとして書いた第3者としてのアドバイスが貰えないのは、こういった事情があるからですね。

タウンライフ家づくりの評判・口コミ

あなたが、タウンライフ家づくりを使って一括見積を考えているなら、評判や口コミが気になりますよね。

わたしが家づくりをした時には、タウンライフの存在を知らなかったので、わたしの体験談を書くことができません。

なので、実際にタウンライフを利用した人たちの評判や口コミを調べてみました。

  • カタログだけしか届かず、会社に来て欲しいと電話があった
  • 申し込んだけど、届かない会社もあった
  • 備考欄に要望をしっかり書いたためか、希望にあった提案がもらえた
  • 地元の工務店の見積よりも、230万円も差額のある安い見積が出た
  • 家づくりの提案をネットだけで済ませるのはどうなの?

このように批判的な声もあれば、肯定的な意見もあります。

まとめると、タウンライフで良い提案をもらうためには必須項目だけでなく、要望欄にあなたの希望する家づくりについて具体的に書いた方が良いということです。

これは家づくり計画書を作る会社側の視点で考えるとわかりやすいですが、家族の人数と予算など最低限の情報だけで依頼されても、どんな家を希望しているのかがわからないので、カタログだけを送って、詳しくは直接会ってから話しましょうとなっても当然だと思います。

逆に、備考欄にリビングを広くしたい、対面キッチンにしたい、一階には寝室と和室を作りたい、玄関は南側にしたいなど家について希望がしっかりと書かれていれば、会社側も提案しやすくなります。

良い提案をもらうためには要望欄を希望をどんどん書きましょう。

また、家づくりの提案をネットだけで済ませるのはどうかという書き込みがありましたが、タウンライフに申し込むだけで家づくりができるわけではありません。

その提案を参考にして、気になる会社があれば、次は直接会って話をすることになります。

どこの住宅会社でもそうですが、間取りプランは一度で決まることはないです。

ネットだけで家づくりを完結させるのは当然無理ですが、ネットを使うことで情報収集が効率的にできるので、わたしはタウンライフを使うことをおすすめします。

タウンライフの利用方法・申込みの流れ

タウンライフの利用方法は簡単です。

早い人なら、3分程度で終わります。

全体の流れはこんな感じになります。

■タウンライフ申し込みの流れ
1.地域を選択
2.間取りについて入力
3.資金計画について入力
4.お客様情報の入力
5.依頼する会社の選択
6.送信

こうしてみると、手順が多いですが、2ページほどで入力は終わってしまいます。

まずは、タウンライフのトップページを表示します。

すると、このような地域を選択する項目があるので、希望する地域を選びます。

地域の選択

次の画面が表示されます。

ここで、全体の流れで説明した2〜6の「間取り」「資金計画」「お客様情報」「会社選択」「送信」までができるようになっています。

「間取りについて」の入力項目はこんな感じです。

間取りについて

「資金計画について」の入力項目はこんな感じです。

資金計画について

「お客様情報の入力」は資料や見積もりなどの家づくり計画書の発送先を入力します。

「住宅会社の選択」は選択した地域の施工範囲になっている会社が表示されるので、その中から資料を請求したい会社を選びます。

タウンライフに登録されている住宅会社は300社以上ですが、実際に地域を指定すると、選択できる会社は多くても10件程度です。

これらの入力や選択が終わったら、後は「送信」するだけです。

送信した後は、登録した住所に「家づくり計画書」が発送されるので、住宅展示場へ行く必要はありません。

目的別に間取り・見積りを一括依頼できる!

タウンライフでは、5つの目的別に間取り・見積もり依頼を申し込むことができます。

■タウンライフ家づくり

ハウスメーカーや工務店などを限定せずに、複数社に同時に一括で依頼ができるので、複数の注文住宅会社に個別に依頼する手間がかかりません。厳格な審査をクリアした、厳選された登録会社ですので、信頼できる注文住宅会社に出会うことが可能です。展示場に行く必要もなく、直接住宅会社に連絡する手間もかからず、希望の家づくり計画がスタートできます。

■二世帯住宅の間取り・見積もりを一括請求

家事や育児、ちょっとした外出時などにサポートしあえるほか、お互いの健康状態を常に把握できるため、万が一の時に安心です。孫の成長を間近で見られるのも、人気の理由のひとつです。土地が1つで済むため、少ない資金で家が建てられるケースが多いです。二世帯住宅は相続時において非常に大きな経済的メリットがあり、注目度が高まっています。

■ZEH住宅の間取り・見積もり

一般住宅では、4人家族で年間142,116円、10年間ではなんと約142万円もの電気代がかかります。 ZEH住宅ではそれらを全て正味ゼロにできます。ZEHを選ばれるお客様が皆さん重要視されるのが『快適性』!国の定めるZEHの基準によって、断熱強化や設備性能向上が約束されている住宅のため、年中快適に過ごせます。

■平屋住宅の間取り・見積もり

LDKや水回りなどの生活スペースがワンフロアで完結し、横動線で繋がっているため暮らしやすいです。また、上り下りをする必要がなく、家事や移動が楽なので、老若男女問わず快適な生活を実現できます。平屋住宅は2~3階建ての住宅と比べて建物の高さが低く、重量が軽いため、構造的に強い住宅です。

■ハウスメーカーの間取り・見積もり

ハウスメーカーとは、注文住宅の建築などを複数の都道府県で展開する住宅会社のことを指します。たくさんのハウスメーカーがありますが、大きく違う点は、コンセプトです。各社コンセプトに沿ってデザインや構造・工法、価格帯などを設定しているため、一つとして同じ家はありません。

まとめ

「タウンライフ」を利用すれば、住宅展示場へ一度も行かずに見積もりをもらうこともできます。

たった一度の申し込みで複数の住宅会社からカタログや見積もりがもらえるので住宅価格の比較も簡単にできます。

良い家を建てるためには会社選びですべてが決まると言っても良いです。

なので、会社選びをするときには、どれだけ多くの情報を集められるかにかかっています。

タウンライフなら、そんな手間と時間を軽減することができます。

家づくりは時間がかかるので、こういった便利なツールがあるなら、どんどん使って時間を節約していってください。

160906townlife

無料で一括見積もりを依頼する

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたへのおすすめ記事

ページの先頭へ