3Dマイホームデザイナー

「3DマイホームデザイナーLS4」で住宅設備・家具を配置していきます。

住宅設備・家具を配置する前の間取り図はこんな感じです。

この間取りを「立体化」するとこんな感じになります。

この「立体化」した ...

3Dマイホームデザイナー

「3DマイホームデザイナーLS4」でドア・窓を配置していきます。

ドア・窓の配置をする前の間取り図はこんな感じです。

まずは玄関ドアを配置します。

和風な感じの引き違いドアを配置しました。

3Dマイホームデザイナー

「3DマイホームデザイナーLS4」では部屋を作成しただけではただの四角い箱の状態です。

部屋をただ設置しただけの間取り図はこんな感じです。

この状態で「立体化」をして玄関の中を「ウォークスルー」で表示してみると ...

3Dマイホームデザイナー

「3DマイホームデザイナーLS4」を使って部屋を作っていきます。

敷地を作成ができたら、次に「部屋の作成」をします。
敷地は北が上にくるように作成しておくと日光の日当りが確認できるので分かりやすいです。

3Dマイホームデザイナー

「3DマイホームデザイナーLS4」で間取りを作るときに敷地を設定するときの作成方法を紹介していきます。

最初に敷地を作成すると敷地のどの位置に住宅を建てると良いかを検討しやすくなるのでオススメです。

敷地を作成 ...

3Dマイホームデザイナー

「3DマイホームデザイナーLS4」で新築のための間取り図を作成して検討するときの流れを大まかに紹介します。

購入した人は説明書を読めば良いのですが、これから購入する人に向けて、間取り作成の流れを知っておいても損はないと思い ...

3Dマイホームデザイナー

3DマイホームデザイナーLS4を起動すると初回起動時のみ「動作チェックウィザード」が表示されます。

「次へ」ボタンをクリックすると下にサンプル画像が表示されます。
左側がサンプル画像で右側が3Dパース画像です。

3Dマイホームデザイナー

わたしは「3DマイホームデザイナーLS4」を通販で買ったのですが、これから通販で購入する人のためにどんなものが箱に入っているのか紹介したいと思います。

箱の正面はこんな感じになってます。

わたしが購入したお店で ...

3Dマイホームデザイナー

新築住宅を建てるときの間取りを考えるのに無料で使える間取りソフトの「せっけい倶楽部」を使っていました。

「せっけい倶楽部」では間取りを上から見れるのですが、家の中を歩ける「ウォークスルー」機能がないので間取りソフトで一番売 ...