HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

3Dマイホームデザイナーで部屋を作成する

和室を追加

「3DマイホームデザイナーLS4」を使って部屋を作っていきます。

敷地を作成ができたら、次に「部屋の作成」をします。
敷地は北が上にくるように作成しておくと日光の日当りが確認できるので分かりやすいです。

今回使用する敷地はこんな感じで作成しました。
道路との接地は左側になる西になります。

敷地図

ここに部屋を作成していくわけですが、必要になる部屋から作成していくと良いです。
まずは「寝室」を設置します。

寝室を追加

設置する場所は後からでも変更できるので、だいたいの位置で大丈夫です。

寝室には「押入」があった方が良いので設置します。
収納は多い方が良いので二畳分作ります。

押入を追加

次に「トイレ」や「お風呂」「洗面所」などの水回りを設置します。

水回りを追加

「キッチン」と「ダイニング」を設置します。

キッチン・ダイニングを追加

「リビング」を設置して「ホール」と「物入れ」をはめ込みます。

リビングを追加

「和室」と「廊下」を設置します。

和室を追加

「玄関」を設置します。

玄関を追加

これで大まかな間取りができたので敷地を含めた状態を見てみます。

全体図

上部にある「寸法線表示切替」ボタンを押すと間取りの寸法が表示されます。

寸法線を表示

ここまでの状態で「立体化」するとこんな感じになります。

立体図

窓やドアを設置してないので完全に箱です。
屋根は自動で設定してくれてます。

部屋の中を「ウォークスルー」で見てみるとこんな感じです。

ウォークスルー図

ドアを設置してないので壁で完全密閉された部屋になってます。

次は壁の編集や窓・ドアの設置をして いきます。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓