3Dマイホームデザイナーで部屋を作成する

3Dマイホームデザイナー

「3DマイホームデザイナーLS4」を使って部屋を作っていきます。

敷地を作成ができたら、次に「部屋の作成」をします。
敷地は北が上にくるように作成しておくと日光の日当りが確認できるので分かりやすいです。

今回使用する敷地はこんな感じで作成しました。
道路との接地は左側になる西になります。

敷地図

ここに部屋を作成していくわけですが、必要になる部屋から作成していくと良いです。
まずは「寝室」を設置します。

寝室を追加

設置する場所は後からでも変更できるので、だいたいの位置で大丈夫です。

寝室には「押入」があった方が良いので設置します。
収納は多い方が良いので二畳分作ります。

押入を追加

次に「トイレ」や「お風呂」「洗面所」などの水回りを設置します。

水回りを追加

「キッチン」と「ダイニング」を設置します。

キッチン・ダイニングを追加

「リビング」を設置して「ホール」と「物入れ」をはめ込みます。

リビングを追加

「和室」と「廊下」を設置します。

和室を追加

「玄関」を設置します。

玄関を追加

これで大まかな間取りができたので敷地を含めた状態を見てみます。

全体図

上部にある「寸法線表示切替」ボタンを押すと間取りの寸法が表示されます。

寸法線を表示

ここまでの状態で「立体化」するとこんな感じになります。

立体図

窓やドアを設置してないので完全に箱です。
屋根は自動で設定してくれてます。

部屋の中を「ウォークスルー」で見てみるとこんな感じです。

ウォークスルー図

ドアを設置してないので壁で完全密閉された部屋になってます。

次は壁の編集や窓・ドアの設置をして いきます。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ