キッチンと食洗機

夫婦二人暮らしで食洗機を使用しています。

長期休みの際は娘二人が帰省して、四名分の食器を洗うこともありとても便利に使っています。

購入した食器洗い乾燥機はビルトインタイプの「PanasonicのNP-45RS6」です。

食洗機外観
食洗機の内側

キッチンのキャビネットと同色でまとまっており、斬新でおしゃれなデザインがとても気に入っています。

この食洗機を選ぶにあたって比較した食洗機は三菱です。

以前に賃貸の際にも食洗機を使用していた時もあったのですが、水圧があまり強くなく、油料理をした際の食器などは再度手洗いで食器を洗う事もありました。

そのため、今回、食洗機を導入する際に重視したポイントはしっかり汚れが落ちるか、という点でした。

上記の点を考慮してPanasonicの食器洗い乾燥機を導入する事に決めました。

この12月でまる5年になります。

今のところは一度も故障はなく、便利に使用しています。

5年使用していても一度も故障がない耐久性も、選んで良かったなと思える点です。

元々、この家に食洗機を設置しようと思った理由は、夫が退職し、時間の余裕が出来たため、夫婦の時間をもっとたくさん持てたら素敵だなと思ったからです。

その点に関しては、思った以上にしっかりと汚れが落ちているので大変助かっています。

また娘達が帰省した時や来客があった時は人数が多いので、食洗機に任せておけば早く片づけが終わり楽しい時間も作れるので助かっています。

また、時に手で食器を洗ったあと、乾燥だけのコースもあり、強力・予約などコースを使い分けれるのも良い点だと思います。

コースを選べることで、終わる時間が想定でき、カラッと乾いた清潔な食器に仕上がると嬉しくなります。

スイッチ一つでその間、他の家事も出来、好きな時間も増えたことはとても良かったです。

残さいフィルターの掃除も簡単なので助かっています。

そのように家事の効率化という点で、私達家族にとって家族の時間が持てるのがとても嬉しいメリットです。

デメリットは乾燥機能を使用した際に、たまにお椀の裏のくぼみに水が残っている点です。

その点を考えて工夫しながら食器を食洗機に入れなければいけないので、そこが手間になります。

また大きい食器や小さい食器など大きさも考慮しながら入れていくので、ちょっと面倒かな?

その点が私にとってはデメリットです。

そんなデメリットももちろんありますが、私にとっては家族で過ごす時間が少しでも増えたことが大きな喜びです。

特に娘二人が帰省する際は、楽しみな半面、食器片付けが倍以上になってしまうので面倒だなと思ってしまう自分もいました。

今は、その気持ちも一切なく、娘達の帰省を心から楽しめています。

また冬の寒い時期は手肌の乾燥が長年の悩みだったのですが、食洗機を導入して一気に解決しました。

今では冬の季節に乾燥で悩むことは少なくなり嬉しいです。

総合的に食洗機を設置して本当に本当に良かったなと心から思っています。