投稿者:さだぼうママ

マイホーム作りは6年前から、土地探しから、中古物件探しから、色々な角度からのスタートでした。

色々検討している間にやはり新築でと言うことになりました。

最初は家にお金をかける分、土地を安く済ませなければならないと言うことで、価格の安い土地を見つけてまわりましたが、一生住むと考えた時に狭い道の先にある土地であったり、通勤時間であったり、やはり安いなりの不便さを覚えました。

そのことから家にお金を掛ける事の考えを変えて、土地にお金を掛けると言う選択に至りました。

家を安くて新築するには、と色々なメーカーをまわりまして、ローコスト住宅にしました。

1000万以内で価格が押さえられました。

若くして建てた事もあり予算も沢山はなかったので、いい場所に安い家ではありますが建てる事が出来て良かったと思いました。

しかし、やはり住んで見てから、玄関は下地で見た目は重視していないため、タイルなどは貼っておらず、釘などが目立ち「安くて、いくらローコストと言っても、あんまりでは!」と思いメーカーに話したところ、

やはり「こういう所で抑えている分、ローコストで済んでいる」との事でした。

家のかたちが決まっているために窓なども日当たりを考えてつけることはできず、南側には一つも窓がなく、朝日が入らない生活です。

あと付けも20~30万かかるとのことでした。

家は安すぎてはやはり後々色々出てくると言うことを勉強させられました。

ローコスト住宅は安いだけの理由がある

住宅を安く建てたいのは誰でも思っていることですが、安くすることで住宅の質が落ちてしまうと実際に住んでから不満に思う結果になりやすいです。

ローコスト住宅では、普通の家ならついている当たり前の設備や装飾をしないことで安くしていることが多いので今回のさだぼうママさんのようなことが起こります。

嘘か本当かわかりませんが、2階建て住宅なのに階段がオプションになっていたという話もあります。

安いという理由だけで住宅を選ぶと取り返しのつかない失敗になりかねませんので、安く家を建てるなら、部屋を減らしたり、床面積を減らすなど家の規模を小さくする方法を検討してみましょう。