今年3月に東京都西部の一戸建ての建売住宅から、千葉県の田舎に家を新築して引っ越しました。

建物は以前から憧れていた寄棟屋根の平屋建てで、特に玄関については「新築するなら絶対に引戸!」と決めていました。

家を新築する前に、妻と二人で自宅周辺をウォーキングしながら、実際にどのような玄関引戸が使われているか見て回りましたが、築浅の建物では殆ど洋風の玄関ドアで、引戸は築30年以上の家位しかなく、余り参考になりませんでした。

当初私の玄関のイメージは、檜調の縦の千本格子の和風の引戸で、玄関周りはベージュ色の塗り壁調に、黒い御影石調の腰壁にしたいと思っていました。

すると妻からそれはまるで料亭のようで、自宅としては落ち着かないと言われ、また施工業者からも、その引戸にすると全体的に純和風にしないと合わないと言われ、再度予算とカタログを検討しながら色々イメージしました。

色々検討しているうちにやはり実物を見たいと思い、その後頑張って東京品川にあるY社と、東京錦糸町(今は新宿に移転)にあるT社の、大手2社のショールームに足を運んで検討しました。

2社のショールーム共、洋風の玄関ドアは種類も豊富に多数展示してありましたが、玄関引戸は2~3種類とほんの一部しかありませんでした。

しかたなくカタログで色々イメージし、予算的にも検討した結果、最終的にはY社の和風モダンな感じの、太い6本縦格子の引戸に決定しました。

格子の間のガラスについて、昔は曇りガラスの上の部分が透明ガラスになっていて、家の中からも外の様子がよく見えるものがありました。

今回も格子の間のガラスを外が見通せる透明ガラスタイプを希望しましたが、受注でも無理とのことで、やむなく既製品通りの曇りガラス調となってしまいました。

実際に完成すると、外観上は玄関引戸も違和感なく建物にスッキリと納まり満足しましたが、家の出入りについては、引戸を開けるまで玄関の外が全く見えず、やはり上の一部分でも透明ガラスで外が見える方が良いと今でも感じています。

その部分を除けば、玄関については憧れの引戸で十分に満足して暮らしています。