はじめての住宅購入で「理想の家」を建てるには

理想の家づくり

このサイトでは、初めての注文住宅でも家族みんなが幸せに暮らせる家づくりのコツを、わたしが注文住宅を建てたときの失敗談や体験談を元に紹介しています。

あなたが良い家を建てるためにやる3つのこと

「子供が生まれたので一戸建ての家が欲しい。けど、どうすれば良い家を建てられるだろう?」

そんな悩みを解決する家づくりの流れを紹介します。

この手順通りに進めれば、無駄な時間をかけずに効率よく、あなたの希望に合った住宅を建てられます。

1.家づくりの情報を集める

まずは、注文住宅を建てるための基礎知識を身につけましょう。

インターネットで調べれば無料の情報がたくさん手に入りますが、ネットで情報を調べるよりも、家づくりの書籍を購入した方が正確な情報を短時間で学ぶことができるので、わたしとしては、書籍をできるだけ多く購入することをおすすめします。

2.実際に人が住む家を見る

家づくりの知識を学びながら、実際の家も見に行きましょう。

見にいく家は住宅展示場よりも、新築の建売住宅や完成展示会、中古住宅など実際に人が住む、住んでいた家がおすすめです。

なぜなら、住宅展示場のモデルハウスは玄関やリビングが異様に広いなど、お客さんに夢を見せるために設計されているのでほとんど参考になりません。

3.自分に合った住宅会社を探す

家づくりの知識を身につけ、住宅を見学していくと建てたい家のイメージが固まってくると思います。

あとは、そのイメージ通りの家を建ててくれるベストパートナー(業者)を選ぶだけです。

住宅会社は大手ハウスメーカーから小さな工務店まで、それこそ星の数ほどあるので、まずはどんな会社があるのかをしレベルために一括資料請求サイトを利用してみてください。

一括資料請求サイトを使えば住宅会社の情報が簡単に手に入るので、時間を効率的に使うツールとしておすすめです。

各会社の資料を見ながら、住宅会社の特徴やこだわり、工法などの違いを比較・検討して、あなたの希望に合った業者を探しましょう。

簡単ですが、良い家を建てるためにあなたがやることはたったこれだけです。

ぜひ、あなたの家族みんなが笑顔で暮らせる家を建ててください。

新築失敗談・体験談を読む

理想の住宅を建てるためには、注文住宅の失敗談や体験談を読みましょう。
我が家の体験談だけでなく、新築で家を建てた先輩方100人以上から聞いた体験談も掲載しています。

新築・注文住宅で失敗しないためのコツ

家づくりは思っている以上に時間や手間がかかるので、無駄な時間や労力を使わず効率の良い家づくりの準備をしましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ