サザエさん・磯野家の間取り図で一番問題なのは「トイレ」?

間取り

日本の住宅というと国民的アニメの「サザエさん」のような家を思い浮かべる人も多いと思います。

アニメを見ていると、サザエさんの家が平屋なのは分かりますが「間取り」がどうなっているかはほとんどわからないです。

なので、磯野家の間取りを作ってみました。



磯野家の間取り図は公開されていた

サザエさんの磯野家の間取りはネットで調べるとテレビで間取りが公開されたとか、予想で作ったとかでいろいろと見ることができます。

それらの間取りを参考に自分なりに修正を加えてパソコンの間取りソフト「3Dマイホームデザイナー」で磯野家の間取り図を作成してみました。

■磯野家の間取り図
磯野家の間取り
※画像をクリックすると大きな間取り図が見れます。

磯野家の間取りではほとんどの部屋が畳です。

畳を使っていない部屋は台所くらいです。

冬になるとトイレへ行くのが寒そう

間取り図を見るとトイレが南西のところにポツンとあるのがわかります。

トイレの隣に部屋がないので音漏れの心配はしなくても良さそうですが、トイレの隣は外なのでこの間取りを見ただけでも冬は寒くなるのが想像できます。

今ではちょっと信じられませんが、昔の家ってトイレが部屋から離れたところにあるのが普通だったようです。

トイレは洗面所から離れているので、トイレの中に手洗い場があるのでしょうね。

お風呂は台所の隣

アニメでは、お風呂に入っているところはよく見ますが、浴室の場所は台所の隣でした。

お風呂上がりに飲み物をすぐに飲める間取りですね。

お風呂に入る時には居間から台所を通っていく必要があるので、家族との接点が多くなる間取りです。

和室の方からもお風呂へいけるようになってますが、この和室は浪平さんとフネさんの寝室になるので、サザエ夫婦や子供たちがこちらの部屋からお風呂へ行くことはないですね。

サザエ家族の部屋は他の部屋と離れている

この間取りを見て、サザエ家族の部屋が他の部屋とは廊下を挟んで独立していることに気づきました。

この家を作るときに、浪平さんの親世代とサザエさん夫婦の子供世代との同居も考えて間取りを考えていたのかもしれませんね。

収納スペースがほとんどない

あと、気になったのは収納スペースが少ないような気がします。

服はタンスにしまうというのが普通だったことを考えると収納としての押し入れは少なくても問題なかったのかもしれませんね。

もともと磯野家には物が少ないのでこれで充分なのかもしれません。

わたしの家族で考えると服を収納するスペースがちょっと少ないので、タンスや棚を部屋に置くよりも押し入れやクローゼットを増やしてそこに収納したいです。

昼寝や日向ぼっこができる広縁がある

この間取りで一番良いなぁっと思ったのは「広縁」です。

アニメの中でもよく登場するので、見たことがある人も多いと思います。

広縁に布団を引いて干しているとタマが昼寝をしたり、子供たちが遊んでいたりと多目的な使い方ができます。

冬場は暖かい日差しを浴びて昼寝をするのに最適な場所です。

最近の間取りでは「広縁」は無駄なスペースと考える人が多く、間取りに取り入れる人が少なくなりましたが、広い敷地があればぜひ取り入れたい間取りです。

まとめ

磯野家の間取り、いかがでしたでしょうか?

昭和時代の田の字型の間取りの家なので、プライバシーを重視した作りではありませんが、なかなか良い間取りだと思います。

もし、サザエさんのような家にしたいと考えているなら、この間取りをぜひ参考にしてみて下さい。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ