和室や畳のある部屋も掃除できるロボット掃除機はどれ?

住宅ニュース・話題

畳のある部屋

「ロボット掃除機を使いたいけど、畳に使っても大丈夫なの?」

と心配していませんか?

確かにロボット掃除機はいろいろなメーカーが販売していて、海外メーカーのものも多いです。

特に海外メーカーの場合、畳のある生活をしていないので、ロボット掃除機を畳に使うことを考えていないことがほとんどです。

そこで、畳や和室の掃除に向いているロボット掃除機がないか調べてみました。

畳の部屋が多くてロボット掃除機が使えるか悩んでいたなら、ぜひチェックしておいてください。

畳を痛める可能性があるロボット掃除機とは?

ロボット掃除機は色々なメーカーから販売されていますが、フローリングや畳、カーペットなどは基本的に掃除できます。

ただ、やっかいなのは掃除ができても畳を痛めてしまう機種もあります。

畳を痛めるロボット掃除機として、この2つの機種に注意して下さい。

  • ブラシ付きのロボット掃除機
  • ゴミ検知機能付きのロボット掃除機

ブラシ付きロボット掃除機

ロボット掃除機の多くの機種はブラシが付いています。

ブラシには2種類あって、ロボット掃除機のサイドに付いているブラシと本体の下に付いているブラシがあります。

ここで問題になるのは、本体の下に付いているブラシの方です。

ブラシがあると床に落ちているゴミやホコリが吸引しやすくなります。

ただ、回転しているブラシで床にこすりつけるので、ブラシが硬いと畳に負担をかけることになります。

ブラシでこするというのは、箒を使って畳を履くイメージに近いですが、ロボット掃除機のブラシは畳の目に沿って掃除してくれないので畳への負担が大きくなります。

硬いブラシに気づかずに使い続けると、気が付いたときには畳がボロボロになってしまうかもしれません。

そんなブラシ付きロボット掃除機ですが、最近の機種では「床面検知センサー」が搭載されている機種が増えています。

「床面検知センサー」を搭載している機種なら、床がフローリングなのか、ラグやカーペット、畳などを自動判別してブラシの回転や吸引力を調整してくれます。

もし、畳の部屋をロボット掃除機で利用するなら「床面検知センサー」を搭載した機種を選んでください。

ゴミ検知機能付きのロボット掃除機

ロボット掃除機の中には、ゴミを検知すると吸引力を高めて掃除してくれるものもあります。

大きめのゴミも吸い取ってくれるので大変便利な機能なのですが、畳ではこの機能が仇になることがあります。

例えば、古くなってきた畳ってちょっとささくれていたり、ほつれたりしているところがあると思います。

そういう畳のキズになっている部分をゴミが多いと勘違いして吸い取ろうとする場合があります。

それを毎回掃除をするたびに繰り返しているとどんどん畳のキズが酷くなっていってしまいます。

ゴミ検知機能はフローリングでは便利な機能ですが、古い畳がある部屋では畳を傷つけていないか注意しながら使ってください。

畳の掃除に向いているロボット掃除機とは?

ロボット掃除機といえば「ルンバ」が有名ですが、ルンバを販売している会社は海外のメーカーです。

当然ながら、海外では和室や畳のある部屋なんてほとんどないです。

なので、畳の部屋の掃除のことなど考えて作っていません。

しかし、日本メーカーのロボット掃除機の場合は、日本の住宅事情に合わせて和室や畳で掃除をすることも考えてロボット掃除機を作っています。

ロボット掃除機で畳の部屋を掃除するなら、日本メーカーの機種にするか、日本の住宅事情に合わせた製品を開発している海外メーカーのものを購入してください。

畳におすすめのロボット掃除機は?

ロボット掃除機で畳の部屋を掃除するには日本メーカーや畳向きのものがあると説明してきました。

では、どんな製品が畳の掃除に向いているのかをおすすめ順に紹介していきます。

ロボットクリーナー・AIM-RC03 ツカモトエイム


ロボットクリーナー ミニ ネオ・AIM-RC03 クリーナー ecomo クリーナー 掃除機お掃除ロボット全自動掃除機 お掃除ロボット ロボット掃除機

ツカモトエイムのロボットクリーナー(AIM-RC03)は、本体下の回転ブラシがなく、ゴミ検知センサーもないため畳を痛める要素がほぼないです。

しかも、「落下防止センサー」などのセンサーはありますが、他のロボット掃除機と比べて余計な機能がないため1万円以下という低価格で購入することができます。

他のロボット掃除機の大きさは約35cmの幅がありますが、これは約23.5cmと小さいので椅子の脚の間も簡単にくぐり抜けることができます。

難点としては、サイズが小さいのでゴミを収容するスペースが小さいことと、充電がなくなっても自分で充電することができないことです。

ロボット掃除機がどんなものかわからないので、高額なものを買って失敗するのが嫌ならこちらで試してみることをおすすめします。

公式サイト:ツカモトエイム
購入価格帯:8,000〜12,000円
購入はこちら:ロボットクリーナー ミニ ネオ・AIM-RC03 クリーナー ecomo クリーナー 掃除機お掃除ロボット全自動掃除機 お掃除ロボット ロボット掃除機

ルーロ MC-RS300 パナソニック


パナソニック ロボット掃除機 「ルーロ」 MC−RS300−W

他のロボット掃除機とは違う三角型で部屋の隅の掃除がしやすく、狭い場所でもスムーズに方向転換ができます。

新搭載のレーザーセンサーと、超音波センサー・赤外線センサーの3種類の障害物検知センサーで部屋の間取りや自分の位置を認識して人工知能「RULO AI 8.0」で効率的に部屋を掃除してくれます。

センサーがたくさんあるおかげで、壁にガンガンぶつかることがなく、ぶつかったとしても優しく触れる程度で済むので壁にぶつかる音や衝撃が気になりません。

本体下のブラシは日本の床に適した3種のブラシを使っていて、床面を自動で判別する「床面検知センサー」で、畳やフローリング、カーペットなどを見分けてパワーやブラシの回転を自動制御します。

ブラシは水洗いができ、フィルター、ダストボックスも丸ごと水洗いができるので、ゴミを集めた後のメンテナンスも簡単です。

難点としては、幅が33cmとやや大きく、AIやセンサーが豊富にあるため価格が高いところです。

公式サイト:ルーロ
購入価格帯:75,000円〜100,000円
購入はこちら:パナソニック ロボット掃除機 「ルーロ」 MC−RS300−W

ミニマル RV-DX1 日立


日立 RV-DX1-N/シャンパンゴールド ロボットクリーナー minimaru(ミニマル)

「床質センシング」や「ごみセンサー」があるので、床質とごみの量に合わせて吸引力を自動で調整してくれます。

幅が25cmと一般的なロボット掃除機が35cmなのに比べると約10cm小柄になって、椅子の間をスイスイ通り抜けていきます。

ブラシは水洗い対応で、ダストケースも丸洗いに対応しているので、使い終わった後に水を使ってゴシゴシ洗うことができます。

難点としては、バッテリー交換が自分ではできず、販売店へ依頼しないといけないことです。

あとは、小柄なことを売りにしているけど、ツカモトエイムの方がサイズは小さいです。

公式サイト:ミニマルRV-DX1
購入価格帯:48,000円〜85,000円
購入はこちら:日立 RV-DX1-N/シャンパンゴールド ロボットクリーナー minimaru(ミニマル)

ココロボ RX-V95A シャープ


シャープ ロボット掃除機 「ロボット家電 COCOROBO(ココロボ)」 RX‐V95A‐N(ゴールド系)

おしゃべりするロボット掃除機で、会話ができます。

「おはよう」と話しかければ「おはよう!」と返事をしてくれ、段差のあるところでは「おっとっと」、充電器に戻ると「ただいま」などとしゃべってくれます。

「床面検知センサー」や「ゴミセンサー」、日本の床を考えたやさしい素材の回転ブラシを採用しています。

また、シャープの売りのひとつである「プラズマクラスター」で空気中の嫌な匂いを脱臭してくれます。

本体サイズも幅31cmとちょっと小さめな所が良いです。

難点としては、おしゃべり機能が登録された内容でしか返事ができないところ。

Google Home(グーグルホーム)のAIスピーカーのように対話ができると便利。

公式サイト:ココロボ
購入価格帯:50,000円〜90,000円
購入はこちら:シャープ ロボット掃除機 「ロボット家電 COCOROBO(ココロボ)」 RX‐V95A‐N(ゴールド系)

トルネオロボ VC-RVS2 東芝


東芝 ロボット掃除機 「トルネオ ロボ」 VC‐RVS2‐W (グランホワイト)

本体に集めたゴミを充電台に付いているダストステーションに貯めてくれるので、本体のゴミ捨て不要で、約一ヶ月ゴミ捨ていらず。

「ゴミ残しまセンサー」で、ゴミをしっかり吸収します。

ダウトカップやフィルター丸ごと水洗いができるので、メンテナンスも楽。

デメリットは、本体サイズの幅が35cmとルンバと同じくらいでかい、他の機種と比べると空間認識センサーがないので、機能的に見劣りしてしまうことがある。

公式サイト:トルネオロボ
購入価格帯:64,000円〜120,000円
購入はこちら:東芝 ロボット掃除機 「トルネオ ロボ」 VC‐RVS2‐W (グランホワイト)

まとめ

ロボット掃除機といえば、ルンバがダントツで売れていますが、畳の部屋を掃除することを考えると日本メーカーが販売しているロボット掃除機を選んだ方が安心です。

高機能なものは効率よく掃除をしてくれますが、短時間で掃除が終わらなくても勝手に掃除をしてくれるのがロボット掃除機の一番の魅力だと思います。

いろいろな付加機能があった方が便利かもしれませんが、本当に必要な機能だけを厳選すれば価格を抑えて購入できます。

あなたがロボット掃除機を購入するときは、一番欲しい機能は何なのかを考えてみて下さい。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ