工事をせずに部屋をまたいで有線LANケーブルを配線する方法

インターネット回線

ドアをまたいでLANケーブルを配線する

「子供部屋でもインターネットがしたいけど、電波が弱くて無線LANが使えない」

「リビング続きの畳部屋でもインターネットをやりたい」

家族が増えたり、テレビが増えるとインターネットに接続したくなる機会が増えますよね。

無線LANが使えれば簡単なんですが、電波状況が良くなかったり、情報漏洩などのセキュリティが心配な場合は有線LANケーブルで接続すると安心です。

有線ケーブルで部屋をまたいで配線するには壁に穴を開ける工事などが一般的でしたが、今では工事をしなくてもLANケーブルを配線することが可能です。

工事の必要がないLANケーブルの配線方法にどんなものがあるのか紹介していきます。



LANケーブルを通してもドアを閉めるにはどうすれば良いのか?

部屋をまたいでLANケーブルを配線するのに一番簡単なのはドアから配線する方法です。

しかし、その時に問題なのが部屋のドアがケーブルのせいで閉められなくないこと。

ドアが閉まらない原因は、LANケーブルの太さです。

普通に使われているLANケーブルは直径が約5.6mmと太いので、このケーブルを使ってドアを通すとドアが閉まらなくなります。

そんなときに使えるのが、ドアの隙間に薄いLANケーブルを通す方法です。

ドアの隙間を通してLANケーブルを配線する方法

ドアのある部屋からLANケーブルを配線するには、普通のLANケーブルではなく平らで薄い「フラットLANケーブル」を使います。

最近のフラットケーブルは1.2mmが一般的な薄さになっていますが、ここで紹介するミヨシのフラットケーブルは1.0mmの極薄ケーブルです。

1.2mmのフラットケーブルでは閉まらなかったドアでも1.0mmなら問題なく閉められる可能性があります。

価格も大した違いがないので、1.2mmで通らない可能性が少しでもあるなら最初からミヨシの1.0mmのフラットLANケーブルを買ってください。


【サンワサプライ】CAT7ウルトラフラット【LANケーブル】(7m、ブラック)

LANケーブルを目立たないようにケーブルカバーで隠す

部屋をまたぐLAN配線をした場合、どうしても壁や床にあるLANケーブルが目立ってしまいます。

そんなときは、ケーブルカバー(配線モール)を使うと見た目がスッキリするだけでなく、掃除も楽になり、ケーブルに引っかかって転ぶこともなくなります。


マサル工業 床面用配線モール ガードマン 1m
ケーブルカバーの形は丸型や角型などがあり、色もホワイトやブラウンだけでなく木目調もあるので部屋やインテリアに合わせてコーディネートすることができます。

窓から屋外を通してLAN配線する方法

ドア以外にもLANケーブルを配線する場所として『窓』があります。

廊下にLANケーブルを這わせるのが嫌な場合に、屋外にケーブルを持っていけるのでインテリアの邪魔をしません。

窓から配線するときに使えるケーブルは、窓の開け締めや、雨水にも耐えられる「高耐久すきま用アルミ強化フラットLANケーブル」です。


エレコム 高耐久すきま用アルミ強化フラットLANケーブル(0.5m)

1階から2階へLANケーブルを配線するときに室内を通すよりも窓から繋げた方が距離が短い場合なんかは良さそうです。

注意点は、コネクタ部分は防水処理がされていないので、雨が降った時のために防水テープなどで保護しておく必要があります。



まとめ

無線LANが使えない部屋でも、フラットLANケーブルを使えばドアの隙間を通して家庭内LANを構築することができます。
部屋や廊下にLANケーブルが見えるのが嫌な場合は壁や床の色に合ったケーブルカバーを使うと目立ちません。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ