宅内LANのケーブル配線工事をしてくれる業者を探す

インターネット回線

LANケーブル配線工事

家にインターネット環境があるけど、他の部屋でもネットを使えるようにしたい。

そんなときは、家庭内LANを使うと各部屋からネット接続することができます。

家庭内LANをやるためには、「無線」にするか「有線」にするかを選べます。

安定した速度でネットをやりたいならLANケーブルで接続する「有線」の方が有利です。

なので、ここではLANケーブルの配線工事をしてくれる業者について紹介していきます。



家庭内LANのケーブル配線をする方法

家庭内LANの配線工事をする方法は4つあります。

  • 家を購入した住宅メーカー
  • 近所の電気屋・パソコンショップ
  • インターネットで見つけた通信工事会社
  • 自分で簡単な工事をするDIY

それぞれの方法について説明していきます。

家を建てた住宅メーカー

家に関することなので、家を建てた住宅メーカーに相談する方法です。
この場合、住宅メーカーが工事をするというより住宅会社と通して通信工事会社へ工事を依頼する形となります。

住宅メーカーを通して工事をした方が良いのは、インターネット端末が1階にあって2階にも有線でネット環境を作りたい場合です。

ほとんどの場合はコンセント部分からLANケーブルを配線すると思いますが、壁に穴を開けて配線する場合などは家を作った住宅メーカーの口添えがあると構造や筋交いなどを傷つけられる心配がなく安心です。

近所の電気屋・パソコンショップ

パソコンやLANケーブルを売っている電気屋やパソコンショップでもLAN配線工事を受けてくれるところがあります。

電気屋だからといってどこのお店でも工事をしてくれるわけじゃないので、これは問い合わせをして聞いてみるしかないです。

インターネットで通信工事会社を探す

インターネットを使って「自分の地域名」と「LAN配線工事」で検索して出てきた通信工事会社に依頼する方法です。

インターネットのLAN配線工事は通信分野なので、LAN配線に関することはここに依頼すれば安心です。

通信工事の会社はインターネットだけでなく、ちょっと面倒ですがタウンページなどの電話帳で探す方法もあります。

どちらにしても壁に穴を開けるような工事をする場合は、工事の説明をよく聞いてから依頼しましょう。

自分で簡単な工事をするDIY

自分でLANケーブルや工具を買ってきてDIYで工事をする方法で、今回紹介する中で一番お金がかかりません。

新築時に電話線やLANケーブルを通すCD菅が設置されていれば、1階と2階を繋ぐことも比較的簡単にできます。

LAN配線の方法をネットで検索するとCD菅にLANケーブルを通す手順を公開してる人や、DIYで壁に穴を開けてLAN配線する本格的な工事をする人がいるので、自分でやるときの参考になります。

難点としては、配線工事をするための道具を揃えたり、配線方法を調べるなどの手間と時間がかかることです。

また、専用工具を使うのでLANケーブルの配線工事が終わると工具が無駄になるかもしれません。

まとめ

自分でLANケーブルを買ってきて配線するDIYが一番簡単で安上がりです。

ただ、1階だけでなく2階でもインターネットをやりたいとなるとLANケーブルの配線でドアが閉まらなくなったり、配線が丸見えになり見た目が悪くなったりするのでDIYでキレイに配線するのはなかなか難しいです。

インターネットルーターから距離が離れている場合は、費用はかかりますが業者に配線工事を依頼した方がキレイにやってくれます。

短い距離なら自分でやって、部屋をまたぐような長い距離を配線する場合は業者に工事を依頼した方が確実です。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ