注文住宅の外観をシンプルにしたら、のっぺりしてて失敗

口コミ・体験談

家の外観

投稿者:くろさん

ずばり失敗したのは家の顔である外観です。
失敗に気が付いたのは家がほぼ完成した時でした。

外壁を塗り終え足場が外れた我が家を見た時
「あれっ」と思いました。
道路に面した玄関側の外観が妙にのっぺりしていたのです。
何度か見ているうちに原因が分かってきました。

凹凸がない外壁に凹凸のない窓、
そこに玄関庇がポツっと付いているだけ。
壁は塗り分けなしの単色の塗り壁。
さらに軒の出がほとんどない屋根。

外観パースを見るだけでは気付けませんでした。
やはり少しショックでした。

しかし、もうどうしようもないので
少しでもこののっぺり感を緩和するべく、
外構工事では立体的に見えるような案を提案してもらいました。

とはいえ、限りある予算での外構工事でしたし、
そもそもの外壁ののっぺり感は拭えません。

最近ではこの見た目に慣れてしまいましたが、
もっと計画段階で完成時の外観を想像しておけばよかったと思います。



正方形の家は費用が抑えられるというけれど

どうも、tomoです。

今回の体験談は、家の外観がシンプルすぎてのっぺりしてしまったという失敗談です。

住宅を建てる時によく言われるのは、総2階建てで四角の形の方が部材に無駄がないので安く建てられるというものです。

確かに、四角形の家なら、建材の切り貼りの手間がなくなるので費用は安くなると思いますが、見た目がオモチャみたいだと家を建てたときの満足度は下がっちゃいますよね。

家の外観は住み心地には直接影響しませんが、住んでいる人たちだけでなく、近所の人にも見られるので、シンプルすぎると予算を削ったんだなっと簡単に想像されてしまいます。

家に住んでからの近所過ぎ合いにも影響を与えかねないので、家の外観を決めるときは、自分たちだけでなく、周りの環境や近所の人たちが見た時にどう思うかも考えておいた方が良いですね。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ