投稿者:さだぼう

予算を考えた時に、いい場所に家を建てるとなると、
どうしても家にお金がかけられず、土地は残ると言うことで
家はローコスト住宅を選びました。

設計も決まっていて、一軒家の貸し屋向けの住宅です。
シンプルな造りで、例えば玄関からリビングに通じる所は、
ドアがなかったり、クローゼットもオープンな造りです。
住む前は、住めれば良いと思っていました。

住んで見ると確かにシンプルな造りで勝手は良いのですが、
色々と気づく点が…。

玄関のタイルがなく土台そのままで、
見えない所をしゃがんで見ると、釘が出ていたりしました。
業者に指摘して直しました。

外周りは、犬走りがなく壁に泥ハネしやすいです。
土を残しているので家周りに石を詰めたりしました。

私達はこれで我慢が出来ていますが、
後から気になる所が出てきて追加していくと
ローコスト住宅は逆に高くつきますね。

土地の隣が駐車場なので家が建たなくて良いなぁ
と思ったのですが、隣は温泉施設で深夜12時まで営業しているので、
不特定多数の車が出入りが激しくて、アイドリングして休んでいる
車もあるので、家に微振動が伝わってきます…。

フェンスを追加しましたが、防犯にはなっても
音と振動は改善しなかったです。

駐車場と言っても、月極駐車場の方が
車の出入りが少ないので、土地を購入するときは
そこまでチェックしておいた方が良のかもしれません。

★オススメ記事★

注文住宅を安く建てる11の裏技

家づくりで重要なのは、やはり土地選び

どうも、tomoです。

今回は、土地にお金をかけて住宅はローコストにしたら、手抜きや手直しで逆に高くなる。

お店の駐車場の隣ということでアイドリングの車の音や振動が伝わるという体験談でした。

家を建てるときに、土地は残るというのは全くそのとおりですね。

日本の住宅の寿命は25年と言われていますが、土地にはどんなに時間が経過してもなくなることはありません。

誰もが欲しがる土地なら、お金をかけて購入するのはありだと思います。

もし、土地を処分したくなったときでも需要のある土地なら簡単に手放せますから。

土地を購入するときには、自分たちが死んだ後に、子供たちが処分したくなったときに困らないようにすることも考えておいた方が良いです。

また、土地選びの場所としてお店の駐車場の横はやめておいた方が良さそうですね。

コンビニの駐車場に家があるところには、よくアイドリングストップの看板がありますが、これも今回の体験談のように音と振動が隣の家に迷惑をかけているからです。

他に家を建てない方が良い場所としては、竹や笹などが生えているところです。

葉っぱが落ちてくるだけでなく、地面の中から根っこが伸びてくるので、隣の敷地から越境して侵入してきます。

どんなに庭をキレイに維持したいとしても、隣の竹や笹から葉っぱが落ちてきたり、根っこが生えてきて侵入してくるのでキレイな庭を維持するのが大変になります。

土地選びで失敗しないためには、土地を購入するときに自分の土地だけでなく、周りがどのような環境なのかもよく調べてから購入してください。