HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が失敗しないための知識や体験談、家事や育児に役立つことを書いてます。

リビング隣の和室で子供が遊んでいるとキッチンから死角になり見えない

新築注文住宅の体験談・失敗談

投稿者:しーな

私が家を建てる時に、優先していた事が
家族が集まるリビングを広く取れる間取りにする
ということでした。

そのために、リビングの横につける
和室もあるのですが、設計上キッチンからは
死角になる位置に和室を設置しました。

しかし、子供が小さい頃は和室で昼寝をさせたり、
おもちゃで遊ぶのが和室になることがほとんどでした。

私自身が、リビングにいる時は和室は直接見えるので
問題ないのですが、私が台所に居て、子供がおもちゃで遊んでいて
和室に入ると全く見えないので、目を離してしまうので不安です。

子供のことを考えると和室はキッチンから
見える場所が良かったです。

あとは、リビング階段にしたことには不満はないのですが、
階段には引き戸もなく、クーラーや暖房の風が逃げていくので
失敗しました。

リビングの隣に和室のある間取り

どうも、tomoです。

リビングの隣に和室がある間取りは洗濯物を畳んだり、祖父母が遊びに来たときの寝泊まりしたりと使い勝手が良いですよね。

今回の体験談では、キッチンから和室の中が見えない間取りになっていて、子供の様子が見えないのが心配ということでした。

子供が小さいうちは何でも口に入れたり、コンセントの穴にモノを入れようとしたりするので目が離せないですからね。

とはいえ、子供から目が離せないのも3歳くらいまでなので、その時期を過ぎればずっと観ている必要はなくなってきます。

視覚に入ってしまうところには誤飲するようなものを置かない、コンセントキャップをするなどの対策をしておけば大丈夫です。

後は、大きめの鏡を設置してキッチンから和室が見えるようにしたり、赤ちゃんの様子を見守れるベビーモニターを設置するという手もあります。

子供が大きくなれば、この間取りにしてよかったと思うことも出てくるでしょうから、これらのアイデアやアイテムを活用してみてください。

リビング階段で、冷暖房の空気が上に逃げていくというのはよくあることですね。

引き戸があれば、階段と部屋を区切れるので冷暖房の効率は良くなります。

リビング階段を設置するときは、ドアで区切れるようにしておいた方が良いですね。

ドア以外にカーテンで仕切るだけでもけっこう違うので検討してみると良いと思います。