新築で玄関の吹き抜けで失敗、不便を感じて5年後にリフォーム

口コミ・体験談

玄関の吹き抜け

投稿者:sora

ハウスメーカーで新築住宅を建てました。
玄関が吹き抜けになっていてお洒落な感じだったので、
完成を楽しみにしていました。

引っ越してみて確かに玄関の吹き抜けはお洒落な感じで、
新築祝いに来た人たちもいいねーと誉めてくれましたが、
実際に住んで半年くらい経った頃から不便を感じるようになりました。

良かった点は、
解放感があってお洒落な感じがして、
2階から玄関が見下ろせるということです。

悪かった点は、
2階の吹き抜け部分がデッドスペースになるということ、
照明器具の掃除がしにくいということ、
子どもだけでいるときとか落下事故につながらないか
という三点でした。

結局、5年後に他の場所の改修とともに
吹き抜け部分を塞いで床を貼ってもらい、
収納のスペースに変更しました。



吹き抜けのスペースは無駄なのか?

どうもtomoです。

今回は、玄関にある吹き抜けがお洒落だけど、デメリットの方が大きかったのでリフォームして収納にしたというお話でした。

吹き抜けのメリットって、天井が高くなる開放感、1階と2階のつながりを感じられる、デザイン性が高いことなどです。

開放感のある家にしたいとか、2階の家族とのコミュニケーションを取りやすくしたいとか、どうしても吹き抜けを付けたい理由があるなら、このメリットは大きいですね。

逆にデメリットは、使えないスペースが増える、照明の掃除がしにくい、転落の危険性がある、冬場は冷え込むなどがあります。

家の中をすっきりさせたいからできるだけ収納を多くほしい場合や、家の中でも飛び回っているようなワンパクな子供がいたりしたら、吹き抜けを付けるメリットよりもデメリットの方が大きく感じるはずです。

吹き抜けスペースが無駄かどうかは、人によって考え方が違うので、これが正解ということはないです。

吹き抜けがある場合とない場合でどんな生活が待っているのかをイメージしてみて、どちらの方が生活が楽しく快適になるかを考えてみてください。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ