西側に大きな窓を設置したら、夏の西日が暑くて最悪の結果に

口コミ・体験談

西日が暑い

投稿者:sakuyako

家を建てるとき、西側に私道がありました。
北側と南には隣の家が隣接して建っていました。

そこで解放感のある西側に大きな窓を取り付けることにしました。
二階建ての二階部分にリビングを設置、一階を寝室という逆転させた間取りです。

住むまでは解放感がある間取りになったと思い大変満足したのですが、
実際に住んでみると最悪の結果となりました。

冬はまだ良いのですが、夏は最悪でした。

西日がこれほど強い日差しだとは、思ってもみませんでした。

全然クーラーは効かず、昼間は分厚いカーテンを閉めたままです。
それでも午後は驚くほど暑さが増し、雨戸まで閉めるほどでした。
フローリングの床もあっという間に日差しで痛みました。

やはり日本では家は南向きというのが一番です。
でないと、あとから後悔します。



開放感を重視して、日差しのことを考えなかった失敗

どうも、tomoです。

今回の体験談は、リビングの窓を西側にしたら、日差しが強くて後悔したという話です。

日本で家を建てるとどうしても隣の家との距離が近くなるので、開放感のある家を作るのが難しい場合が多いです。

sakuyakoさんの場合は、2階をリビングにして西側にある道路側の窓を大きくすることで開放感を得る方法を選択しました。

1階の見通しが悪くても寝室の場合は、窓を小さくして開放感がない方が落ち着けて寝れるという利点があります。

ただ、問題は夏の日差しですね。

西側の窓を大きくしたことで開放感のあるリビングにしたのは良かったのですが、夏の日差しは夕方の方が暑いです。

夕方の日差しは上からではなく、横から入ってくるので、屋根や庇(ひさし)があっても部屋に入ってきます。

夏の西日対策としては、やはり西側に大きな窓を設置しないのが一番ですが、西側の視界が開けている場合は、窓をLow-E複層ガラス(遮熱タイプ)にすることで太陽熱を防ぐ方法もあります。

とはいえ、日差しがどのように家に入ってくるかは、周りの環境によっても変わるのでなかなか素人には判断が難しいです。

自由設計で家を建てる場合は、自分の好きな間取りを素人考えでお願いしてしまいがちですが、
実際の住みやすさを想像できていないと今回のような失敗をしてしまいがちです。

今回の場合は、自分で間取りを考えたのか、ハウスメーカーが提案した間取りなのかがはっきりしませんが、
西日のことを想像できていれば、今回のような失敗はなかったはずです。

間取りを決める設計の段階で、西日のことを気にしてくれる営業担当者や設計士がいたら、違った結果になっていたでしょうね。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ