玄関は引き戸にこだわりました

口コミ・体験談

今年3月に東京都西部の一戸建ての建売住宅から、千葉県の田舎に家を新築して引っ越しました。

建物は以前から憧れていた寄棟屋根の平屋建てで、特に玄関については「新築するなら絶対に引戸!」と決めていました。

家を新築する前に、妻と二人で自宅周辺をウォーキングしながら、実際にどのような玄関引戸が使われているか見て回りましたが、築浅の建物では殆ど洋風の玄関ドアで、引戸は築30年以上の家位しかなく、余り参考になりませんでした。

当初私の玄関のイメージは、檜調の縦の千本格子の和風の引戸で、玄関周りはベージュ色の塗り壁調に、黒い御影石調の腰壁にしたいと思っていました。

すると妻からそれはまるで料亭のようで、自宅としては落ち着かないと言われ、また施工業者からも、その引戸にすると全体的に純和風にしないと合わないと言われ、再度予算とカタログを検討しながら色々イメージしました。

色々検討しているうちにやはり実物を見たいと思い、その後頑張って東京品川にあるY社と、東京錦糸町(今は新宿に移転)にあるT社の、大手2社のショールームに足を運んで検討しました。

2社のショールーム共、洋風の玄関ドアは種類も豊富に多数展示してありましたが、玄関引戸は2~3種類とほんの一部しかありませんでした。

しかたなくカタログで色々イメージし、予算的にも検討した結果、最終的にはY社の和風モダンな感じの、太い6本縦格子の引戸に決定しました。

格子の間のガラスについて、昔は曇りガラスの上の部分が透明ガラスになっていて、家の中からも外の様子がよく見えるものがありました。

今回も格子の間のガラスを外が見通せる透明ガラスタイプを希望しましたが、受注でも無理とのことで、やむなく既製品通りの曇りガラス調となってしまいました。

実際に完成すると、外観上は玄関引戸も違和感なく建物にスッキリと納まり満足しましたが、家の出入りについては、引戸を開けるまで玄関の外が全く見えず、やはり上の一部分でも透明ガラスで外が見える方が良いと今でも感じています。

その部分を除けば、玄関については憧れの引戸で十分に満足して暮らしています。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ