LANケーブル配線工事

新築で建てたときに各部屋に家庭内LANを付けず、住み始めてから「フレッツ光」や「auひかり」などのインターネット光回線を使うためにLANケーブルの配線工事をしたいと思った時にどこにお願いすれば良いのか悩んでませんか?

そんな一戸建て住宅のLAN配線工事の悩みを解決する方法をとして4つありますので、それぞれの方法について説明していきます。

  • 家を購入した住宅メーカー
  • 近所の電気屋・パソコンショップ
  • インターネットで見つけた通信工事会社
  • 自分で簡単な工事をするDIY

本当にLAN配線工事は必要?

自宅でインターネットをするのにLANケーブルでパソコンに繋ぐ方法はシンプルでわかりやすいですが、今ではワンタッチで簡単に無線LANを設定できます。

無線LANにすると、wifi接続することができるのでパソコンだけでなく、スマホや携帯ゲーム機、テレビからもインターネットにせつぞくできるようになるので便利です。

もし、「無線LANって難しそうだから・・・」という理由で無線LANを使ったことがないなら、一度無線LANを試してみてください。

一般的な2階建て住宅なら、LANケーブルを配線するよりも無線LANの方が設置が簡単です。

家を建てた住宅メーカー

家に関することなので、家を建てた住宅メーカーに相談する方法です。
この場合、住宅メーカーが工事をするというより住宅会社と通して通信工事会社へ工事を依頼する形となります。

住宅メーカーを通して工事をした方が良いのは、インターネット端末が1階にあって2階にも有線でネット環境を作りたい場合です。

ほとんどの場合はコンセント部分からLANケーブルを配線すると思いますが、壁に穴を開けて配線する場合などは家を作った住宅メーカーの口添えがあると構造や筋交いなどを傷つけられる心配がなく安心です。

近所の電気屋・パソコンショップ

パソコンやLANケーブルを売っている電気屋やパソコンショップでもLAN配線工事を受けてくれるところがあります。

電気屋だからといってどこのお店でも工事をしてくれるわけじゃないので、これは問い合わせをして聞いてみるしかないです。

インターネットで通信工事会社を探す

インターネットを使って「自分の地域名」と「LAN配線工事」で検索して出てきた通信工事会社に依頼する方法です。

インターネットのLAN配線工事は通信分野なので、LAN配線に関することはここに依頼すれば安心です。

通信工事の会社はインターネットだけでなく、ちょっと面倒ですがタウンページなどの電話帳で探す方法もあります。

どちらにしても壁に穴を開けるような工事をする場合は、工事の説明をよく聞いてから依頼しましょう。

自分で簡単な工事をするDIY

自分でLANケーブルや工具を買ってきてDIYで工事をする方法で、今回紹介する中で一番お金がかかりません。

新築時に電話線やLANケーブルを通すCD菅が設置されていれば、1階と2階を繋ぐことも比較的簡単にできます。

LAN配線の方法をネットで検索するとCD菅にLANケーブルを通す手順を公開してる人や、DIYで壁に穴を開けてLAN配線する本格的な工事をする人がいるので、自分でやるときの参考になります。

難点としては、配線工事をするための道具を揃えたり、配線方法を調べるなどの手間と時間がかかることです。

また、専用工具を使うのでLANケーブルの配線工事が終わると工具が無駄になるかもしれません。

安く済ませるならDIY。キレイに配線するなら工事依頼

家庭内LANでインターネットをするための工事方法となります。

自分でLANケーブルを買ってきて配線するDIYが一番簡単で安上がりですが、1階だけでなく2階でもインターネットをやりたいとなるとLANケーブルの配線でドアが閉まらなくなったり、見た目が悪くなるのでDIYでキレイに配線するのは難しくなります。

インターネットルーターから距離が離れている場合は、費用はかかりますが業者に配線工事を依頼した方がキレイにやってくれます。

短い距離なら自分でやって、長い距離は業者に工事を依頼するのが簡単です。