投稿者:ヘンリー

現在、工事がようやく半ばを過ぎたヘンリーです。
私の失敗談は、最初に担当いただいた営業マンさんです。

モデルハウスに行った際についてくれた
さわやか系の20代営業マンで、当初の要望ヒアリング、
2回目のラフプラン出しまでは、とても好印象でした。

ところが次の相見積りあたりからプラン提案時の納期ズレ、
調べてほしいとお願いした案件の調査漏れ、
見積明細にバス部分がごっそり抜けてたり、
揚句にアポイントに連絡なしで30分遅れなど、
こちらもよく我慢したなという状況でした。

それでも、そのメーカーの家がどうしてもあきらめきれず、
営業所の課長さんにご相談して、営業マンを変えていただきました。

かなり迷った判断でしたが、勇気を出して変えてもらって
よかったと思えるものでした。

現在は、引き継いでいただいた営業マンが
細心のフォローをしていただいております。

そのおかげで満足度の髙い住まいができつつあり
2月の完成に向けて順調に進行中です。