注文住宅よりも建売住宅が良かった

投稿者:あさ

注文住宅よりも建売の方が良かったと後悔してます。

施工会社の担当者の経験不足も祟りました。
建築会社は、やはり、大手の方がいいようです。
アドバイスがちゃんとしています。

小さな企業だと担当者の替わりがいないのです。
それで、失敗しました。もう手遅れです。

新築住宅は、自分本位に作っているので、
当たり前のように建売の方が建築家の知恵が詰まっています。

たとえば、すべての部屋にドアを作らなかったりしています。
建築家であれば、きっとうまくアコーデオンカーテンなどを設置したり、
引き戸を設置したりしているところです。

自分だけが住むにはいいのですが、売却となると話が違ってきます。

どうにか賃貸でしのごうと思いますが、経営も難しいです。

注文住宅のメリットはデメリットにもなる

どうも、tomoです。

今回の体験談は、注文住宅で建てたけど、満足できる家にならずに大手ハウスメーカーの建売住宅にしておけば良かったというお話でした。

自分の理想の家を建てるには、注文住宅しかないと思っている人も多いと思います。

しかし、注文住宅で自分のやりたいように自由に間取りを決めていたら不便な家になってしまったという話は意外と多いです。

これは、施主がいろいろ考えても、家づくりの素人なので家を良くしたいという気持ちがあっても、実際の家づくりでは思うような結果がでないことが多いです。

自分の住む家なのだから、自分の好きなように建てたいという気持ちもわかります。

ですが、家づくりの知識と経験という面では、やはりプロとして家造りをしている設計士にはかないません。

餅は餅屋、その道の専門家の意見を素直に聞いたほうが良いです。

今回のお話の場合は、担当者からのアドバイスがないか、適切ではなかったといわれています。

担当者のアドバイスが適切か適切でないかは、家が完成して住んでみてからじゃないとわからないので、家を建てるときは担当者や設計士がどんな家を建ててきたのか、家についてどんな考え方をしているのかを話をして聞き出したり、確認しておく必要があります。

なので、注文住宅で家を建てるときは、住宅会社が大手ハウスメーカーだとか中小の工務店だとかはあまり関係なく、人次第ということになります。

そういう意味では、大手ハウスメーカーの建売なら担当者のアドバイスがなく、頼りにならなかったとしても家を見てから購入できるので間取りで失敗したと思うことはほとんどないです。

建売の間取りでも不満がないなら、建売住宅を購入するのもありだと思います。