土地選びは環境選び、どう暮らしたいかを考えるべし

口コミ・体験談

数年前、新築住宅建築に当たり、土地選びをしました。

探しているうちに、直面してくる悩みとしては、坂の上で、どこへ行くにも車は必須、つまり生活にはやや不便だが、敷地面積は広いし値段も手ごろな土地にすべきか、敷地面積は狭く、値段も高い土地だが、坂はなく生活には便利な土地にすべきか、という選択です。

どちらも一長一短で、即決できない問題です。

坂はなく、敷地面積も広く、生活の便も良いという長所ばかりの土地は、もう少し田舎に行けばありましたが、そうなると街の雰囲気が好みではなくなってきます。

私は、どちらかと言えば都会に住みたい派。
全ての長所を兼ね備えた理想の土地のある、希望の地域よりやや田舎の地域と比較しましたが、土地単体では長所ばかりなのに、どうも気が乗りませんでした。

土地情報は、最終的には自分で調べました。
不動産総合サイトや、不動産屋さんも利用はしましたが、どちらもあまり役には立たなかったというのが本音。

住みたい地域の、不動産屋のHPを片っ端から毎日チェックしたり、実際に地域を歩いて更地を探したりと、地道な努力を数か月間続けました。

不動産購入に対する周囲の反応は、私の親は賛成でしたが、主人の方の親は、時期が悪いということで、かなり慎重な様子でした。

不動産は大きな買い物なので、風水や年回りなど、気にする人もいます。
しかし、主人が決めたことですし、誰に迷惑をかけるわけでもないので、強い反対にはあいませんでした。

最終的には、敷地面積はやや狭めで値段も高いですが、利便性に優れた土地を選びました。

私は車の免許を持っていないし、車ありきの坂の上の生活は、非現実的だと判断したからです。

それに、いずれ年を取れば、子どもも独立し、家に広さは必要なくなります。

広い家に年寄りだけでは、かえって困ることも多いです。
長期的に見て生活の利便性の方を重視しました。

実際住んでみると、子どもの幼稚園の送り迎えや、ちょっとした買い物に歩いて行けるというのはやはり便利で快適です。

そちらの希望がかなった分、土地の値段は予算オーバーし、家は予定より狭くなりましたが、うちは家族も少ないですし、十分だと感じています。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ