家よりも立地にこだわった土地選び

口コミ・体験談

家を建てるのは一生の事ですし、購入のタイミングなど本当に悩むものですよね。

我が家の場合、住んでいた賃貸の立地がそれなりに良かったのでなかなか家を建てることに気が進まなかったのですが、ポストに入っているチラシや周りの意見を聞き住宅購入に向けて、考える様になりました。

実家が田舎にあり、駅周辺にマンションはあるけれど今住んでいる土地ほど沢山はないし、駅があっても通勤であまり電車を利用しないような土地柄に居たので、家の購入はマンションと言うより、小さくても持ち家がいいというのが夫婦の希望でした。

親からの援助もなかったので自分たちで組めるローン限度内の買い物ですので、色々希望があってもほぼこだわりのない建物になりました。

当然土地もすべて満足が行くところではありません。
地盤の弱い場所であることから、地盤改良の工事代が余分にかかりましたが、それを含んでも他に選べなかったような気がします。

いくつか候補の土地がありましたが、

・日当たりが悪い。
・狭い土地なのに固定資産税が高い所。
・駅から遠い所。
・交通手段がバス以外なくそのバス停までも遠く、
 バスの本数も少ない所。
・学校が近くにない。

今挙げた点は妥協できないところでしたので、該当したところは却下しました。

本当は古地図も参考にすべきだったんでしょうが、新しく分譲した土地で不動産屋でチラシを出す前の物件だったのにもかかわらず、問い合わせが多く早めに返事をしなくてはいけない。
と言うような事情もあり決めました。

実際に周りは同じ時期にみんな引っ越したんで、騙されてるわけではなかったと思います。

住んでみれば悪くないです。
入れてもらった町内が古くからあるところだったので、ご近所さん付き合いが、少々面倒ですが、これから土地を選ばれる方で、時間に余裕のある方は、そういった点も確認されるといいかもしれませんね。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ