玄関ドアの色を壁と同じにするか悩みました。

口コミ・体験談

我が家を建てることになったのは結婚が大きな理由です。

結婚してアパートに住む考えもありましたが、両親が土地が余ってるから、そこを使って家を建てたらいいんじゃないか?
という話になり新築住宅を建てることになりました。

実際に家を建てたことのある義理の兄に相談して、地元の工務店に頼むことになりました。

建築工法はツーバイフォーと呼ばれる工法でした。
住宅ローンは地元の銀行と信用組合で比較して、結局地元の地方銀行に決まりました。

住宅ローンもなんとか組めることになり、いよいよ着工しました。

間取りは自分たちの住みやすい家を目指して自力で頑張りました。
ネットでいろんな家の写真や部屋の様子を参考に検討しました。
風水とか気になりましたが、あまり考えないようにしました。

床材など建材はなるべく安くとお願いしたので、工務店にお任せしました。

悩んだ所は玄関のドアですね。
なるべく安くすることを条件にしたため選べる種類も少なかったです。

外壁が白なので、白で行くべきか、ワンポイントで他のカラーにするか。
結局屋根がブラウンだったのでブラウンのドアにしました。
実際選んで良かったと今は思っています。

また内装の壁をすべて珪藻土にしたかったのですが、予算の面で泣く泣く寝室のみ珪藻土にすることにしました。

他の壁は壁紙ですが、すべて白色に統一。
汚れが目立つとの反対意見もありましたが、白で行くことにしました。

実際に住んで5年目ですが、なかなか住み心地のいい家になり満足しています。
失敗を一つあげるとすれば、照明を多く設置しすぎたことですね。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ