HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が失敗しないための知識や体験談、家事や育児に役立つことを書いてます。

地震に強い家は融通が利かずアイランドキッチンの間取りにできなかった

新築注文住宅の体験談・失敗談

我が家は今年の3月に新築住宅に入居しました。
この家を検討し始めたのは、入居の1年半前です。

主人の会社のそばで家を探し始めたのですが、
なかなか良い土地が見つからず悩んでいた所、
大型分譲地が販売するというチラシが入っていたので
早速問い合わせてみました。

見学に行くと、地震に強い家というのを売りにしている建設会社で、
家の構造や建て方などを詳しい説明を1日かけて聞くことができ、
安心できました。

また、アフターサービスもしっかりしており
地域の多くの方から信頼のある建設会社ということで
購入を決めました。

家の間取りは、設計士の方と1日かけて決め、
その後も電話やメールでやり取りしながら決めていきました。

素人では分かりにくい耐震性のある家にするのは、
思ったより融通が利かない間取りになり大変でしたが、
一つ一つ丁寧に対応していただいたのが良かったと思います。

本当は風水的に良い間取りにしたいと思っていたのですが、
それを言うとまた面倒でしたので、やめておきました。

壁紙や、床やお風呂など直接建設会社に伺い、
沢山の種類の中から選ぶのが本当に大変でした。

これもやはり1日がかりの作業でした。
特にキッチン選びは開放感のあるアイランドキッチンに
したかったのですが、耐震性の関係でできなかったことが
大変残念でした。

家の購入から何度も足を運んだり、住宅ローンを借りるために
色々な書類を書いたり準備したりと、家の購入がこんなに大変だとは
思いませんでしたが、夫婦で頑張り満足のいく家を建てる事ができ
良かったと思います。

注文住宅は決めることが多く大変

どうも、tomoです。

耐震性能の高い家にしたということで、アイランドキッチンにできなかったのが残念でしたが、しっかりと話し合いをして良い家ができてよかったですね。

今回の話でも出てきましたが、間取りを決めるのはなかなか大変な作業になります。

最初に1日がかりで間取りの打合せをしたっていうのは良いですね。

ほとんどのところは、間取りプランができても渡してから後日に打合せってことが多いです。

間取りプランを作る前に、しっかりと時間をとってヒアリングしてくれるところの方が、結局はお互いの認識のズレを無くすことができるので納得できる間取りプランが速くできるんですよね。

ヒアリングをしっかりしていないと新しいプランを何度作ってもやり直しってことになるのでお互いにストレスが貯まりますよ。

家づくりは決めることが多いですが、建築会社がヒアリングさえしっかりしてくれれば大きな失敗はしないはずです。

住宅会社を選ぶときには、ヒアリングを重視する会社を選びたいものですね。