最後まで悩んだ「リビングは1階か2階か?!」

口コミ・体験談

我が家は昨年注文住宅を建てました。

最後の最後まで悩みに悩んだのは、「2階リビングにするかどうか?」ということでした。

土地は、なだらかな坂道に面し細長く奥行はないので隣の家との間は2mしか取れない。
日当たりを取るなら断然2階リビングなのだ。

しかし夫婦揃って50歳を目の前にしての一戸建て購入。
老後もここで暮らすことになる。

となると考えなければいけないのは、健康面だ。
足腰が丈夫な今は2階に上がるのもなんてことはない。
燦々と降り降り注ぐ日差しを浴びながらリビングでのんびり過ごす・・・なんて贅沢なんだろう。

でも30年後足腰が悪くなって、毎日2階に上がらなければならないことを考えると決め兼ねる。

今を取るか老後を取るか・・・。

ネットで同じように悩んだ人の意見を集めた。
2階リビングだと空き巣に入られやすい、水回りを2階に持っていくとコストがかかるとか、2階リビングだとプライバシーが保てる、
冬場は暖房だが節約できるだとか意見は様々でどれも共感できる。

結局最後までこれだ!という決め手がないまま、我が家は1階リビングを取った。

老後の足腰の不安も考えてちょっと手狭になるが、1階に和室を作り1階だけで生活ができるように間取りを考えた。

実際暮らしてみると、やはり日照の条件的にはやや不満は残るが玄関を上がるとすぐにリビングがあるのは、家族が必ず顔を合わせることができるし、来客にもすぐに対応できる。

大きくなって話す時間も少なくなった子供もリビングで過ごす時間が増えたので、この間取りには満足だ。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ