希望に合った土地は線路沿いだけが問題だった

口コミ・体験談

マイホーム建設にあたりハウスメーカーや不動産屋を通じて土地探しを始めました。

土地の希望は、80坪以上で都市ガス、日当たりが良く、生活の便が良いところを条件に探していたところ、1つの土地に巡り合いました。

住宅街の一角の土地で条件は全てクリアしていた土地でしたが、1つだけ問題がありました。
それは、線路沿いということでした。

住宅街の中で1番線路に近いこの土地しか周りでは空きがなく、線路沿いという点で売れ残ってしまっている土地のようでした。

価格も当初の額よりかなり安くなっており、相場よりもお手頃な金額ではあったのですが、とにもかくにも線路沿いというのがネックで要検討しますと返事をしました。

小さな子供がいたため、線路沿いは危険ではないか?
騒音がうるさいのではないか?
否定的な考えばかりが浮かんでしまっていたのですが、お買い得で条件もすごくいい土地に未練タラタラ。

インターネットでは線路沿いに住む方の話を調べたりしました。
電車の音には慣れる!なんて書いている方が多かったのですが、半信半疑の私たちはハウスメーカーの営業さんにたくさん相談に乗っていただきました。

実際に線路沿いに住んでる方を紹介していただき、お話を聞いたり、お家の中を見せていただいたりして音の聞こえを体感させていただいたりしました。

自分たちが心配していたほど騒音が気にならず、お買い得な土地に惹かれ始めた私たちは、現地調査も開始し始めました。

晴れた日、雨の日、風の強い日、平日、土日祝日、朝、昼、夜などいろんな時間に土地を見に行き、様子を見てみました。

近隣の人通りや子供達の通学の様子をみて、子供が多い地域なのかなどもチェックしたりして総合的に検討しました。

結局、悩んだ末に検討していた土地を購入しました。

現地チェックやら線路沿いの方のおうちで騒音を体感していたこともあり、実際に住んでみて騒音はさほど気にならず、慣れたのですが、いくつか盲点がありました。

まずは夜間から明け方にかけての電車の騒音。

終電で電車の往来はなくなるものと考えていたのですが、実際は貨物などが往来していてほぼ休みなく電車が行き交っていることでした。
しかも深夜は周りが静かなので日中よりも音が大きく聞こえ、少し気になります。

また、年に数回、線路の保安点検などがあり、砂利の取り替えなどでは安眠妨害では?というくらい大きな音がします。
また振動が思ったよりも大きくて地震に鈍感になりました。

しかし、住めば都という言葉があるように、住んでしまえば大抵気にならずに生活することができています。

嬉しい誤算といえば、電車好きの子供が毎日楽しく電車を眺めていたり手を振ったりしています。
わざわざ電車を見せに連れて行かずに済んでるのはありがたいです。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ