子供は一人のつもりで新築住宅を建てたら二人目も欲しくなり

新築注文住宅の体験談・失敗談

今回は、子供を出産してから新築を購入した『かな』さんにお話を聞いていきます。

新築住宅でこだわったところ

tomo
tomo

新築を購入するときにこだわったところはどこかありますか?

かな
かな

結婚して子供を出産して新築住宅を購入しました。
もともと子供は1人にしようと思って、子供部屋は1つしか作らないで新築を購入しました。

かな
かな

その分みんな一緒に過ごせるリビングやダイニングは広くとって、家族団欒の時間を充実させるようにしました。

tomo
tomo

子供が小さいうちはリビングやダイニングが広い方が家族で過ごすことが多いので良いですよね。

住宅を購入して後悔しているところ

かな
かな

しかし子供を1人育てていて、もう1人欲しくなり結局2人目を出産しました。

tomo
tomo

子供と一緒にいると普段の生活も新鮮に感じられますし、子供も兄弟で遊べるようになるので良いですね。

かな
かな

はい、子供の成長を見るのが楽しみです!

かな
かな

ただ、子供部屋は1つしかないし、しかも1人目は女の子で2人目は男の子だったので同じ子供部屋にすると弊害がでそう。

tomo
tomo

確かに男の子と女の子を同じ部屋だと中学生くらいになると嫌がりそうですね。

かな
かな

なので、小さい頃は同じ部屋でもいいですが、成長してきたら子供部屋に仕切りをつけて対応するべきか、今から夫婦で悩んでます。

tomo
tomo

子供部屋をどうするかは子供を持つ親の永遠のテーマですね。

かな
かな

家族団欒の時間を大切にするためにリビングやダイニングを広くとったのですが、子供たちは個々で遊ぶことが多く、リビングやダイニングを狭くして子供部屋をもっと広くすればよかったと思っています。

tomo
tomo

もともと子供を増やすつもりはなかったんですもんね。

かな
かな

良く家族の成長に合わせて住み替えするのが良いと言われていますが、その通りだと思いました。

かな
かな

ある程度家族の方向性が決まってから新築を購入しればよかったとちょっと後悔してます。

tomo
tomo

住宅購入のタイミングはなかなか難しいですね。

tomo
tomo

他にもどこか気になっているところはありますか?

かな
かな

部屋全体を広くお洒落に演出するために階段部分を吹き抜け設計にしたのですが、冬になると暖かい空気が2階部分に逃げてしまいます。

かな
かな

過ごす時間の長いリビングのある1階部分が暖まりにくく暖房費がかさんでしまうのも後悔しています。

tomo
tomo

よく聞く吹き抜けのデメリットですね。

かな
かな

普通の階段にした方が光熱費も設計費用もかからずに済んだので良かったと思います。

tomo
tomo

オシャレをとるか光熱費をとるか、これも永遠のテーマですね。

住宅購入して良かったところ

tomo
tomo

住宅を購入して良かったところって何かありますか?

かな
かな

賃貸に住んでいるときは自宅に愛着が全くわかず、住宅費も捨てているようなものでしたが、新築で購入したことで自分の家という愛着が湧き大切にしようとする気持ちが湧いたし、資産にもなるのが良かったところです。

tomo
tomo

確かに自分のものになると愛着が湧きますね。

かな
かな

賃貸に住んでいるときは自宅に愛着が全くわかず、住宅費も捨てているようなものでしたが、新築で購入したことで自分の家という愛着が湧き大切にしようとする気持ちが湧いたし、資産にもなるのが良かったところです。

tomo
tomo

確かに自分のものになると愛着が湧きますね。

tomo
tomo

貴重な体験談ありがとうございました。

まとめ

子供が生まれてから住宅購入をする人が多いですが、必ずと言って良いほど子供部屋をどうするかは悩むポイントです。
一人しか産まないつもりで家を建てても、二人、三人と子供が増える可能性もあるので子供部屋は分けられるように大きめにしておくなどの対策をしておいた方が安心です。