新築注文住宅の体験談・失敗談

今回は、夫婦と娘1人の3人暮らしの『けい』さんに住宅購入の体験談をお聞きしました。
小さな子供と過ごす家づくりで気を付けたところなどが参考になります。

tomotomo

住宅を購入するときにどんな要望を出しましたか?

けいけい

なるべく大きな家で今後も家族が増えても良いようにという要望と、電気をあまり使わないでも良いように天窓を付けて欲しいという要望もしました。

tomotomo

家族が増えることを考えて広い家にしたかったんですね。

けいけい

また家に使う素材も子どもに優しい素材を使って作って欲しいという要望を出しました。

tomotomo

住宅を購入して一番良かったことは何ですか?

けいけい

住宅を購入して良かったのはなんといってもそれまで住んでいた狭いアパートよりも広い家で家族で住めるようになったことです。

けいけい

アパートでは部屋が狭いことで家族がいると幾分窮屈さを感じていました。

tomotomo

収納スペースの少ない部屋だと余計に狭く感じますよね。

けいけい

それで多少のストレスを感じていたのですが、広い家になると自分の空間も持てるようになって快適になったのが良かったです。

tomotomo

自分の部屋を持てるのも一戸建ての魅力ですね。

けいけい

また、子育てにも住宅を購入して良かったと思いました。

tomotomo

どんなときにそう思いましたか?

けいけい

子どもが産まれるまでは子どもが実際どこまで暴れまわるかというのを分かってなかったです。

けいけい

実際に子どもを持って育てるようになると思った以上に走り回るので、狭い家で育てるのは怪我の危険があると思いました。

けいけい

広い家でも転ぶことはありますが、狭い家だったらどこかに頭をぶつけて大怪我をするかもしれません。

けいけい

そう考えると自分達のためよりも子どものために住宅を購入して怪我を防げるようになったという点でも良かったと思っています。

tomotomo

家の中で走り回る子供にとっても広い家は安全に遊べる絶好の遊び場にもなるかもしれませんね。

tomotomo

それでは最後に、家を買って後悔していることはありますか?

けいけい

私が住宅を購入して後悔しているのはコロナ以後世界が不安定な感じになってきたことです。

けいけい

今後も普通に収入を得て生活ができるのか心配で、住宅ローンを無事に返済できるか怪しい感じがしてきたからです。

tomotomo

コロナ禍で世界中が大変なことになってますからね。

けいけい

なので、家自体を購入して不要だったということではなく、将来金銭的に不利な立場に追いやられるのではないかという不安があります。

tomotomo

なるほど。何か対策などは考えていますか?

けいけい

対策としてはこれまで以上に余計なことにはお金を使わないで、ローンの返済にも余裕を持たせるようにしています。

けいけい

また、節約だけでは限界があるので最近になって投資も始めました。

tomotomo

確かにNISAなどの少額で始めやすい投資もありますね。

けいけい

余剰資金で投資をして少しでも将来の資産を増やしていこうと思っています。


けいけい

そうすれば何かあった時でも投資で稼いだお金で住宅ローンの返済に充てることもできると期待しています。

tomotomo

短期投資ではなく、長期投資で運用する考え方が大切ですね。

tomotomo

これから家を買おうと思っている人へ何かアドバイスはありますか?

けいけい

私の場合は、結局それなりにお金をかけて家を購入したことで、多額の借金を抱えたことを後悔しているので、もし家を買うときにもっと安い予算で家を建てていれば後悔はしなかったと思います。

けいけい

また住宅購入にあたって親に少しでも援助をしてもらっていれば後悔の度合いも今よりは少なかった気がします。

けいけい

そう考えると、資金援助をもらったり、住宅資金を早めに準備しておくこと、住宅ローンに余裕を持たせ、予算内で住宅を選ぶことをオススメします。

tomotomo

貴重な体験談ありがとうございました。

けいけい

ありがとうございました。

注文住宅の価格は比較をすれば安くなる

注文住宅の販売価格は一社だけで決めてしまうと適正価格よりも高いのか安いのかわかりません。

あなたの希望に合う条件の建築会社が見つかったら、必ず複数の会社から見積をもらって比較してください。

比較をする時のコツは大手ハウスメーカーだけでなく、工務店からも見積もりをもらうこと。

設計事務所も候補に入れても良いと思います。

さまざまな業務形態の会社と比較することで、どこに費用がかかっているのかを把握することができます。

ただ、安すぎるところは手抜き工事や欠陥住宅になる可能性が高くなるので、適正価格を知るためにも見積価格の比較はぜひやってください。

見積価格の比較や資料請求は、こちらの記事が参考になります。

住宅カタログの一括資料請求・見積もりについて