「KINUAMI U」設置後の浴室

コロナ禍でおうち時間が増える中で、家で過ごす時間をどうやって楽しむか?

そんなことを考えているときに泡シャワー「KINUAMI U(絹浴み[結])」を見つけました。

「KINUAMI U」は工事なしでシャワーからきめ細かな泡を出せる商品です。

泡シャワーで体中をアワアワにできるので、お風呂ギライな子供もお風呂時間を楽しめると思います。

身体中がアワアワになる映像を見てたら、自分も泡シャワーを体験したい!と思い衝動買いしてしまいました。

ここでは、そんな「KINUAMI U」について紹介していきます。

KINUAMI U(絹浴み[結])ってどんな商品?

KINUAMI U(絹浴み[結])はすごく目の細かい泡が出せるシャワー装置です。

言葉だけだとわかりずらいと思いますので、こちらの動画を見てもらうと一発で分かります。

このソフトクリームのような滑らかな泡はスゴイですよね。
こんな泡に包まれたらどんな感じなのか、子供と一緒に遊んだらすっごく喜びそうですよね。

「がっちりマンデー」を見て衝動買い

わたしが「KINUAMI U」を知ったのはTBSのテレビ番組「がっちりマンデー」でした。

がっちりマンデーで「クラウドファンディング」を紹介していて、マクアケで販売しているリクシルの「KINUAMI U」が紹介されていました。

しかもリクシルという大会社がクラウドファンディングで商品開発してるってのも珍しかったです。

「自宅でこんなキメの細かい泡が楽しめるなんてスゴイ!」
「これを見せたら子どもが喜びそう!」

と思って衝動買いしてしまいました。

購入後に冷静になって考えてみたら

つい勢いで購入してしまいましたが、

「本当に必要だったのかな?」
「泡シャワーなんて一回使ったら飽きちゃうんじゃない?」
「他にも似たような商品があるかも?」

などと改めて考えてしまいました。

しかし、クラウドファンディングで購入したものは基本キャンセルできません。

買ってしまったものはしょうがないと諦めて、商品を楽しむことにしました。

購入から約10カ月後に家に届く

クラウドファンディングの商品は開発中なので、発売されるまでに時間がかかります。

購入してからは、たまに本体の改良や開発状況についての報告があり、商品が完成すると発送状況などのお知らせがありました。

「KINUAMI U」は購入してから約10カ月後に届きました。

「KINUAMI U(絹浴み[結])」が家に届く

箱の中に入っていたもの。

「KINUAMI U(絹浴み[結])」に入っていた物

ボディソープが1個とカラダトリートメントが3個。

浴室に設置し泡シャワーを体験

「KINUAMI U」をさっそく取り付けていきます。

設置はマグネットでの設置なので工事不要で簡単に取り付けできます。

最初にシャワーヘッドを取り外して取り換えます。

「KINUAMI U」を設置する浴室

「KINUAMI U」本体を壁にガチッと取り付けます。

「KINUAMI U」設置後の浴室

落ちないようにする両面テープもありましたが、うちの場合は磁石だけで大丈夫でした。

バッテリーを充電して、ボディーソープを本体に補給したら準備OKです。

我が家に泡シャワーがやってきました。

「KINUAMI U」の泡シャワー

お風呂で泡シャワーが楽しめるなんて、お風呂時間がちょっとだけ贅沢になりました。

設置した直後は楽しくて毎日使ってましたが、一週間もすると使わなくなってきました。

案の定、心配していた通り飽きてしまいました。

しかし、6歳の娘が泡シャワーを気に入って一番使ってくれてます。

子どもが楽しそうに使っている姿を見れただけで買って良かったです。

これで子供にも不評だったら高いお金を出して買ったのがムダですからね。

「KINUAMI U」の不満点

「KINUAMI U」を設置して一カ月ほど使ってみました。

そうするといろいろと不満な点が出てきました。

主な不満点は5つ。

・30秒以上使うと冷たい水が出てくる
・電池がすぐになくなる
・ボディソープがすぐに失くなる
・ボディソープが入れずらい
・泡シャワーじゃないときのシャワーの粒が大きい

30秒以上使うと冷たい水が出てくる

泡シャワーを1分以上使っていると、冷たい泡や冷たい水が出てきてしまいます。
これは説明書にも書いてありますが、水を使う量が減るために給湯器が止まってしまうからです。

使った感覚としては全身を泡だらけにするには1分もあれば十分です。

でも、30秒くらいで泡シャワーを止めてもシャワーが冷たくなることがあるのでもうちょっとお湯の時間を長くしてほしいところです。

電池がすぐになくなる

1日1回の使用でも一週間もちません。

しかも、電池がなくなったかどうかを知らせるランプもないので、泡シャワーが出なくなったら充電するという感じです。

うちの場合は4人家族ですが、娘以外はほとんど使わないのでそれほど困りません。

家族全員が毎日使ったらたぶん2~3日で電池切れになります。

ボディソープがすぐに失くなる

使用時間によって変わると思いますが、ボディソープを満タンに入れても一週間でなくなります。

「KINUAMI U」には専用のボディソープしか使えず、価格も高いので毎日使うとかなり費用が掛かります。

一回の使用時間を短くするなど、なるべく節約して使うようにした方が良いかもしれません。

ボディソープが入れずらい

「KINUAMI U」のボディソープを入れるところが本体の上にあるんですが、ボディソープのボトルから入れようとするとこぼれます。

ボトルを注ぎやすい形にするか、ボトルじゃなくて詰め替え用みたいなパックにして注ぎ口を細長くしてくれた方が入れやすいです。

ボディソープを入れるときは、100円ショップで漏斗を買ってきて使った方が良いかも。

泡シャワーじゃないときのシャワーの粒が大きい

「KINUAMI U」は専用シャワーヘッドがあるのですが、シャワーの粒が大きいです。

これまで使っていたシャワーヘッドが節水シャワーヘッドだったので、シャワーが体に当たったときに粒が大きくて違和感ありまくりでした。
シャワーヘッドの穴が泡シャワーを出すために大きめになっているのかもしれません。

今後、泡シャワーをあまり使わなくなったらシャワーヘッドを戻すかも。

まとめ

おうち時間が増える中で少しでも快適に過ごせるように泡シャワーの「KINUAMI U」を購入しました。

泡シャワーは新鮮で、お風呂時間の楽しみが増えたことで子供も喜んでくれました。

お風呂を贅沢なリラックスタイムにするなら最適だと思います。

ただ、興味本位や子どもを喜ばせるだけなら、すぐに飽きちゃうので買わない方が良いかも。

後は、入浴介助が必要なときは役に立ちそうです。

もともと「KINUAMI U」は病院・介護施設向け入浴介助商品として作られたものなので、介助者の入浴の負担を軽くすることが目的ならバッチリだと思います。