新築住宅の間取りは無料ソフトを使って打合せ

口コミ・体験談

家を建てると決まったきっかけは私の実家の隣の土地が売りに出た事でした。

ある程度の広さもあったため、土地はそこにすぐ決まったのはよかったのですが、建築条件付きだったため、ハウスメーカーを好きなところが選べなかったところは残念でした。

これから買われる方は、土地を選ぶ際はその点も含めて選ばれた方がいいと思います。

その後、ハウスメーカーは決まっていましたが、間取りは一般的なものだったので、おしゃれなものから和風なもの、変わったのものなど、いろいろ参考にするため、住宅展示場を見て回りました。

また、2×4を売りとしている会社だったので、そのメリット・デメリットを調べ、地震に強いという点は夫婦ともに惹かれたため、その工法をとりいれました。

ですが、実際住んでみると、新たに棚をつけたいなと思った時に簡単にはいかないのは不便だと感じてます。

一番家づくりで力をいれたのは間取りでした。
ハウスメーカーから初めに、私たちの意見を聞いて作られた間取りを頂いたのですが、まったくもって私が気に入らなかったため、無料のソフトで希望する間取りを作りました。

そして、構造上の問題などもあるので、建築士さんの手直し後また見直し、何度もやり直しました。
一番取り入れたかったのは、キッチンに少しの土間をつくること。

勝手口に隣接して土間と収納を作ることで、ゴミなどの処理や収納部分はストック食材など置けてとても便利で、これはこだわって作って良かった点だと思います。

次にこだわったのはリビングは和室にしたいということ。
椅子に座って食べる方がおしゃれですが、畳に座ってゆっくりしたいと思っていたためこだわりました。

また、掘りごたつがいいと思い取り入れました。
使い心地は和室は良いですが、掘りごたつは対応の物が少ないため、あまり選べず、少しテーブルの高さが低いのが難点だと感じました。

他には家の扉は出来る限り引き戸にしたので、子供での開け閉めがしやすく、玄関なども荷物をもっていても開けやすく、してよかった点です。

全体的な使い心地としては、普段の使いやすさを優先したつくりなので、悪くはないですが、もう少しおしゃれな点もいれたかったなというのが本音です。

ですが、きっとおしゃれにしていたら、使いにくいなと感じていたのかもしれません。
そう思うと今で一番いいのだと思います。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ