「施主支給」見積りで約40万円の住宅設備費の節約

我が家の新築体験談

a1180_000093

新築を建てるために購入した土地に地盤改良が必要ということがわかり、地盤改良の費用が約90万円かかることになりました。

他にも水道管や都市ガスの引き込み工事で費用がかかるので住宅仕様や設備を見直す必要が出てきました。

手っ取り早く節約する方法としては住宅設備を節約する方法です。
例えば、システムキッチンやシステムバスのグレードを落とすと数十万の節約ができたりします。

グレードを落とす他にも「施主支給」を利用して価格を抑える方法もあります。

「施主支給」ではハウスメーカーや工務店にキッチンやバスを注文せずに自分で購入してハウスメーカーや工務店に提供するという方法です。

「施主支給」だと中間マージンが大幅にカットできるので費用がかなり安くすることができます。

わたしは住宅を建てるということが決まった頃から「施主支給」でお願いしようと思っていたので、ネットで住宅設備を購入できるところを探してました。

「施主支給」ができる会社はいろいろあって良さそうなところを2社に絞って、見積りを出して安い方を調べてみた結果「ホームデポ」という会社の見積りが安かったです。

「ホームデポ」にお願いした見積りはシステムキッチン、システムバス、洗面台、給湯器をお願いしました。

システムバスはタカラスタンダードで見積りをお願いしましたが、送料が5万とかかかってしまうので、これは工務店でお願いした方が良いということがわかりました。

他のメーカーなら送料無料なのでタカラスタンダードは「施主支給」には向かないメーカーだということがわかりました。

そんなわけで、「ホームデポ」を利用すると工務店に出してもらった住宅設備の見積り額が約390万のものが約350万程度に抑えられました。

設備のグレードを落とさずに40万円の節約ができるということです。

この見積りではシステムバスを「施主支給」にしていないので、システムバスも施主支給でお願いできればもっと節約することも可能になるはずです。

住宅費用の節約が必要になったら、まずは住宅設備の「施主支給」を検討してみることをオススメします。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ