HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

プロジェクター『YABER Y30』のフィルターは埃が入るので対策を

YABER Y30のフィルターについて

ホームシアターのために買ったプロジェクター『YABER Y30』ですが、掃除の方法を調べていたら、フィルターの隙間から埃が入りやすいということがわかりました。

格安プロジェクターなので、こういう細かなところまでは作り込まれていないのはしょうがないのかもしれません。

しかし、これを放置しておくと、プロジェクター内部のレンズに埃が付いてしまい、掃除するためには分解するしかありません。

そんな面倒なことはしたくないので、汚れていないうちにフィルターを加工して埃対策をすることにしました。

『YABER Y30』のフィルターは隙間があり埃が入ってしまう

わたしの購入した『YABER Y30』の付属品には替えのフィルターとかは付いていません。

購入したプロジェクター『YABER Y30』

フィルターの掃除をするときは、フィルター部分を押すとこんな風に出てくるので取り出します。

『YABER Y30』のフィルターの外し方

外したフィルターの裏側はフィルターが外れないように格子状のプラスチックで抑えてあります。
裏側から見ると隙間がないように見えます。

外したフィルター

しかし、前から見ると上の方に隙間が空いていて、テーブルが見えているのがわかると思います。

フィルターの上の方に隙間がある

『YABER Y30』のフィルターに埃が入らないように準備するもの

フィルターを入れるケースの大きさに比べてフィルターが小さいのが原因なので、この隙間を埋めていきます。

用意するのはセロテープです。

フィルターに貼るテープ

わたしは近くのホームセンターで耐久性の高そうなテープを買ってきました。

このテープを使って隙間を埋めていきます。

『YABER Y30』のフィルターの隙間を埋める

フィルターの埃対策の方法はいたってシンプル。

フィルターケースにテープを貼って、空気が入ってくる入り口をフィルターよりも小さくするだけです。

まず、フィルターを抑えているプラスチックを外します。

フィルターの枠を外す

フィルターを外してフィルターケースだけにします。

フィルターケースの裏側

フィルターケースの裏側の上下左右の4カ所にテープを貼っていきます。

同じように表側も上下左右の4カ所にテープを貼ります。

テープを貼った後にフィルターをもとに戻ります。

写真だとテープを貼ったのがわかりずらいかもしれません。

フィルターケースにテープを貼った後
フィルターケースにテープを貼ったところを拡大

テープを貼ったので、見た目が悪くなりましたが、このフィルターケースはプロジェクター本体に入れるので、普通に使っているときには見えないところなので気にしなくて大丈夫です。

まとめ

『YABER Y30』はフィルターの作りがイマイチなので、今回のようにフィルター対策をしておいた方が良いです。

そうすれば、プロジェクター内部に埃が入りにくくなり、プロジェクターの寿命も長くなります。

プロジェクターは長く使っていると内部に埃が入ってレンズを汚してしまうこともあるようなので、事前に対策をしておくのがオススメです。

普通の一流メーカーのプロジェクターならこんな手間は必要ないのかもしれませんが、安い中華メーカーの場合は、購入した後のフィルター周りはチェックしておいた方が良いと思います。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓

コメントを残す