HOCOLIFE

「家が欲しい」家づくり初心者に教えたい注文住宅で失敗しないための知識と体験談

3Dマイホームデザイナーで内壁・床材を変更する

内壁・床材変更01

「3DマイホームデザイナーLS4」では間取りを「立体化」して内壁・床材・天井材の色や素材を変更することができます。

デフォルト設定で立体化した表示はこんな感じです。

内壁・床材変更01

左メニューから「内装材設定」を選択して、内壁・床材・天井材の設定を変更することができます。

「一括変更」を選ぶと下メニューのタブに以下の項目が表示されます。
項目は「外壁・屋根材設定」と同じで部屋の内装を一括で変更することができます。

「キュート」
「ナチュラル」
「エレガント」
「カジュアル」
「和」
「シック」
「アジアン」
「クラシック」
「モダン」
「既定のスタイル」

項目ごとにデザインがいくつか選べるのでここでは1つずつ紹介していきます。

■キュート

内壁・床材変更02

■ナチュラル

内壁・床材変更03

■エレガント

内壁・床材変更04

■カジュアル

内壁・床材変更05

■和

内壁・床材変更06

■シック

内壁・床材変更07

■アジアン

内壁・床材変更08

■クラシック

内壁・床材変更09

■モダン

内壁・床材変更10

「一括変更」はカンタンで便利なんですが、自分の気に入った内装にしたい場合は個別に設定していった方が良いです。

例えば、間取りでは「リビング」としていた部屋をフローリングではなく、畳にするとこんな感じになります。

内壁・床材変更11

リビングの畳の表示が不自然なのは、リビングの広さが畳の大きさに合ってないからです。
リビングの床の広さと畳の広さを合わせればちゃんと表示されます。

畳の部屋にするときは最初から間取りで和室としておいた方が良さそうです。

同じ住宅性能で建築費用が安いのはどっち?

高性能住宅は費用が高いのが常識。

だけど、大手ハウスメーカーと同程度の性能で200万円以上安い住宅会社があったら?

実はそんなことがありえるのが建築業界です。

200万円あったら、システムキッチンやシステムバスをワンランク上にすることだって余裕ですし、部屋をホームシアターにするプロジェクターの設置だってできます。

注文住宅を安く建てるなら見積りを比較することは絶対にやっておくべきです。

手間はかかりますが、やって損をすることはありませんし、やらなかった方が家を買ってから後悔する可能性が高いです。

見積もりをもらうのが面倒な場合は、こちらの一括見積もりを使うと簡単です。

↓↓↓