足腰の衰えをサポート!着られるロボットウェア『Seismic』

住宅ニュース・話題

足腰が衰えてきて階段の上り下りや歩行が辛くなったらどうしますか?

膝や腰への負担を軽くするのによく使われるのが杖ですが、家の中ではなかなか使いづらいですよね。

そこで注目されているのがロボットウェアです。

着用するロボットウェア「Seismic」

これまでのロボットウェアは、何十キロもある機械やバッテリーをリュックみたいに背負ってました。

しかし、今回のロボットウェア「Seismic」は着られる筋肉で、こんなふうに肌着(インナーウェア)みたいに着られます。

2018年10月にテレビ東京系のニュース番組『WBS』で“着用するロボットウェア”として紹介されていました。

肌着のように着られるロボットウェア

太もものあたりにモーターが付いていて、人工筋肉を動かします。
その動きで足や腰をサポートするわけです。

着られる筋肉「Seismic」の仕組み

モーターのあるところが少し膨らんでいますが、ほとんど気になりません。
服を着てしまえば、ロボットウェアは完全に隠れてしまいます。

『Seismic』を着用したとき

服の下に『Seismic』を着たとき

このようにインナーウエアとして着られるロボットウェアは『世界初』です。

重さがどれくらいか発表されていませんが、インナーウェアなので10キロを超えることはないでしょう。

足腰が弱くなったら『ロボットウェア』を着る選択も

将来わたしの足腰が弱くなったときに階段の上り下りが辛くなったときの選択肢として住み替えやリフォーム以外の選択肢としてロボットウェア「Seismic」の購入も考えます。

まだ発売はされていませんが、アメリカで先行販売が始まって2019年中に日本でも販売開始される予定です。

「Seismic」の日本発売は2019年

ロボットウェア「Seismic」の価格

後は、価格がどれくらいになるかですね。
世界初の着られるロボットウェアなので、わたしの予想では20万円程度かなっと。

競合製品がないので、しばらくは高いでしょうが数年で他社からも新製品がどんどん出てくると思うので、10年後くらいには手軽に買える価格になっているのを期待したいですね。

まとめ

年をとって体の自由が効かなくなったら、階段をリフォームしたり、平屋に建て替えたり、住み替えるのが一般的です。

ロボットウェアが気軽に着れるようになれば、身体機能をサポートできるので新しい選択肢の一つになります。

これからも研究が進んで新製品がどんどん出てくるのが楽しみです。

■「Seismic」公式サイト
https://www.myseismic.com/

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ