「賃貸」と「持ち家」どっちが得?メリット・デメリットを比較

家を買う前に

持ち家に興味があるなら、

「賃貸生活を続けるのと住宅購入をするのはどっちが得?」

と一度は考えたことがあるかも知れません。

「賃貸」と「持ち家」のそれぞれの違いをなんとなくわかっていても、具体的に考えたことはないんじゃないでしょうか?

ここでは、「賃貸」と「持ち家」で住み続けた場合のメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

これらを知ることで、あなたが住みやすいのはどちらなのかがわかるはずです。

賃貸のメリット

  • 収入によって家賃の高い部屋や低い部屋に変えられる
  • 家族構成の変化に合わせて部屋を変えられる
  • 建物の修繕や老朽化のことを心配しなくて良い
  • 環境が気に入らなければ簡単に引っ越しができる
  • 老後は老人ホームなどの高齢者住宅に入る選択肢もある

賃貸のデメリット

  • 家賃を払い続けても自分のものにならない
  • 家賃を払い続けなかれば住み続けられない
  • 2年に一度、契約更新料を払う必要がある
  • リフォームや部屋の間取り、設備を自由に変えることができない
  • 不動産会社や借り主の都合で契約を打ち切られることがある

持ち家のメリット

  • 家賃を払う必要がない
  • 持ち家があるという安心感が持てる
  • 間取りを変えたり、キッチンを変えたり、リフォームが自由にできる
  • 注文住宅なら間取りを自由に決められる
  • 広い敷地があれば、駐車場や庭を作ることができる
  • 隣の家と離れているので音漏れなどを気にしなくて良い

持ち家のデメリット

  • 家を買うための初期費用が必要
  • 35年など長期間の住宅ローンが必要になる場合がある
  • 住宅環境に問題が起きても簡単に引っ越せない
  • 住宅を処分する時に売値が安かったり、買い手がつかない場合がある
  • 家を買った後に毎年、固定資産税や都市計画税などが徴収される
  • 町内会や組合などの役職が回ってくることがある

老後を考えた時の「賃貸」と「持ち家」の違い

体が健康で元気に働けるうちは、「賃貸」でも「持ち家」でも困ることはないです。

しかし、年を取って仕事ができなくなったり、定年退職した場合はどうでしょうか?

老後も「賃貸」で暮らすためには、「購入」が安心
一般的に貯蓄のチャンスは、「子どもの誕生前」、「子どもが小さいうち(小4くらいまで)」、「子どもの独立後」の3つだと言われている。

家は資産ではなく負債
ヨボヨボの老人に部屋貸してくれる不動産屋はありません。だって、もし死なれでもしたら事故物件になるじゃないですか。不動産屋としてもそんなリスクは犯したくないからね。

どんな生活をしたいのか?

住まい選びにはどちらが正解という明確な答えがありません。

駅から徒歩5分をメリットと感じる人もいれば、駅の近くは人が多くて騒がしいので嫌だと思う人もいます。

木や森に囲まれた静かな場所をメリットと思う人もいれば、車で買い物に行かないといけないのが面倒だと思う人もいます。

子どもが産まれるのをキッカケに持ち家を考えているなら

「あと10年待てば住宅が安く買えるよ。」

と、10年後の話をしても子供も小学生になっているのであまり意味ないです。

特に、持ち家で赤ちゃんから子育てをしたいと思っているなら、住宅価格が高くても今しかできない子育ての方を優先するはずです。

メリットやデメリットも考えるとは思いますが、一番に優先することは、あなたがどんな生活をしたいのかってことです。

暮らしやすい家は「間取り」で決まる

間取り比較ができる無料サービスの記事へ 大手ハウスメーカーを始め複数の住宅会社の建築士たちが、
あなたのために無料で間取り作成してくれるサービスとは?
>>詳細記事はこちら<<

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ