天板交換のキッチンリフォームでキッチンが使えない期間は1日

キッチンリフォーム

キッチンリフォームの工事日が、図面寸法の確認や修正、天候不良などで6月2日(金)に決まりました。

工務店にリフォームの相談をしてから、約半年かかりましたが工事自体はたった1日で終わりました。

工事の内容もキッチンを全部交換するわけではなく、天板の交換だけだったので3時間程度でした。

キッチンの天板を交換する様子をまとめたので、キッチンリフォームを考えている人は参考にしてください。



設置されているキッチンの天板を外す

まずは、交換する前のキッチンはWoodoneのマルチシンクというシステムキッチンです。

woodoneスイージー(マルチシンク)天板

woodoneスイージー(マルチシンク)プレート

天板に可動式のプレートが置けるので、作業台やシンク上が広く使えるというのが利点でしたが、実際に使ってみるとプレートが重いし、プレートを置く段差にゴミや水が入って掃除が面倒、水栓位置も通常のシンクよりも奥になってしまうため洗い物の時など腰を屈める姿勢になる、シンクが深くて洗い物がしづらいなど、マルチシンクは使いづらかったです。

そのため、キッチン天板を交換すればこの問題は解決すると思い、キッチン全部をリフォームするのではなく、天板だけを交換するリフォームをすることにしました。

そして、工事の見積もり依頼をして約半年でやっとキッチンリフォームの工事が始まりました。
まずは、水栓とガスコンロを外して、天板を外します。

キッチン天板リフォーム

キッチン天板リフォーム

外した天板は庭に置かれました。

キッチン天板リフォーム

壁に付いているコーキングをキレイに剥がします。

キッチン天板リフォーム

新しいワークトップをキッチンに設置

コーキングが取れたら、新しい天板を載せます。
新しい天板も前と同じようにステンレスの物にしました。
Woodoneでは奥行700mmの天板の扱いがもう製造中止でないので、Eキッチンで天板を注文しました。

キッチン天板リフォーム

キッチン天板リフォーム

ガスコンロと水栓を設置します。

キッチン天板リフォーム

コーキングのために貼っていたテープを剥がして完了です。

キッチン天板リフォーム

以上で作業は終わりです。工事時間は天板だけの交換だったので朝9時から始まって約3時間で終わりました。

夜には洗い物をしても良いと言われましたが、コーキングが乾くまでには24時間はかかるので触らないようにということでした。

新しくなったキッチンを使ってみる

翌日になってから新しくなったワークトップの使い心地を試してみました。

これまでの天板は使いづらいと言いつつも使い慣れていたので、新しい天板にしてもそんなに変化はないかもとそれほど期待してませんでしたが、思った以上に使いやすくなりました。

水栓の位置が近くなったので腰を屈めなくても良くなったし、作業台も段差を気にしなくて良くなったので作業スペースが広くなり料理が格段にしやすいです。

今回のキッチン天板の交換リフォームにかかった費用は約23万円でした。

システムキッチン全部を交換するリフォーム価格に比べれば安いですが、最初からこういうシンプルな天板にしておけば良かったとちょっと後悔してます。

これから新築でキッチン選びで悩んでいる人は、我が家のような失敗をしないようにシンプルなシステムキッチンにすることをおすすめします。

まとめ

我が家の場合は、キッチンメーカーが天板の生産を終了していて、システムキッチンのサイズも特殊だったため、リフォーム会社に問い合わせても「できません」と断られて、自分でワークトップの販売店を探して工務店に依頼することになり、リフォームしてくれる会社を探すのも面倒でした。

しかし、一般的なサイズのキッチンをリフォームするなら、どこのリフォーム会社でも引き受けてくれるはずなので、いくつかのリフォーム会社へ見積もりを依頼してみることをおすすめします。

複数のリフォーム会社へ見積り依頼をするなら、こちらを利用すると便利です。

→ 大手リフォーム会社へ一括見積もり依頼

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ