リビングの吹き抜けの寒さ対策で巨大なエアコンを設置したら

口コミ・体験談

間取りの失敗

投稿者:白鳥さちよ

私が家を建てたのは、今から10年以上前です。

我が家は6畳の吹き抜けがリビングにあります。

まずこれが大失敗でした。

夏は、涼しくて良いのですが、冬がすごく寒い。

リビングダイニングが、広いのもあるのですが、どんなに暖房をつけても寒い。

今は巨大なエアコンをつけ、コタツをつけ、冬場の電気代が3万を超えています。

まだ失敗はあります。

自分で考えた間取りなのですが、リビングの真横にトイレという間取りにしました。

少しだけ、廊下はあるのですが、お客様が来た時など、
トイレが近いのは行きづらいのではないだろうかと、いつも思っています。

他にも窓がたくさんあったほうが明るいと思い、大きな窓をたくさん作ったのですが、
ソファーなどの置き場所に困ってしまいました。

どこにおいても、窓にかかってしまうからです。

住んでみて、失敗がたくさん見えてきました。
もう一度建てたら、納得いく家になるかな。



理想の家を建てても住みやすいとは限らない

どうも、tomoです。

今回の体験談は吹き抜けや窓の位置など間取りで失敗したというお話でした。

家を建てる時に、リビングを吹き抜けにして開放的にしたいと考えている人は多いと思います。

なぜなら、住宅展示場などのモデルハウスのほとんどが吹き抜けになっているからです。

吹き抜けの開放感を体験すると、「こんな家に住みたい」と思うキッカケになりやすいです。

特に、吹き抜けの家に住んだことのないと、憧れもあるので吹き抜けを付けたくなるのもわかります。

ただ、憧れだけで吹き抜けにしてしまうと、「冬が寒い」という吹き抜けのデメリットを見落としてしまいます。

そうならないためには、吹き抜けを部分的に使用するなどデメリットを解消する間取りを設計士と相談しながら決めることです。

窓をたくさんつけてソファーが置きづらいというのも、設計士と相談できていれば解決できた問題といえます。

注文住宅の場合、自分の好きなように間取りを決めることができますが、
好きなように間取りが作れるからと行って、住みやすい家ができるわけではありません。

自分の住みたい間取りを考えるのは良いことですが、
素人だけで考えた間取りでは、実際に生活するとどうなるかというのが、しっかりとイメージすることができません。

注文住宅で間取りを決めるときは、自由に間取りが決められますが、
設計士と相談しながら間取りを決めた方がより良い間取りになることは間違いありません。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ