HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が失敗しないための知識や体験談、家事や育児に役立つことを書いてます。

営業マンの対応に我慢できずハウスメーカーの課長に相談し担当を変える

投稿者:ヘンリー

現在、工事がようやく半ばを過ぎたヘンリーです。
私の失敗談は、最初に担当いただいた営業マンさんです。

モデルハウスに行った際についてくれた
さわやか系の20代営業マンで、当初の要望ヒアリング、
2回目のラフプラン出しまでは、とても好印象でした。

ところが次の相見積りあたりからプラン提案時の納期ズレ、
調べてほしいとお願いした案件の調査漏れ、
見積明細にバス部分がごっそり抜けてたり、
揚句にアポイントに連絡なしで30分遅れなど、
こちらもよく我慢したなという状況でした。

それでも、そのメーカーの家がどうしてもあきらめきれず、
営業所の課長さんにご相談して、営業マンを変えていただきました。

かなり迷った判断でしたが、勇気を出して変えてもらって
よかったと思えるものでした。

現在は、引き継いでいただいた営業マンが
細心のフォローをしていただいております。

そのおかげで満足度の髙い住まいができつつあり
2月の完成に向けて順調に進行中です。

ハウスメーカー選びと担当者選び

どうも、tomoです。

良い家を建てるためにはハウスメーカー選びと同じくらい担当者選びも重要です。

ヘンリーさんの体験談では、ここで家を建てたいというハウスメーカーが決まって、担当者の印象も良かったのに、段々と担当者の対応が悪くなってきて、最後には、我慢しきれずに担当者を変えてもらったというものでした。

ハウスメーカーの担当者が合わないと思ったら、他の住宅会社を探す人が多いと思いますが、ハウスメーカーを気に入っていた場合は困りますよね。

そこで、ヘンリーさんは課長に

「御社で家を建てたいけれど、担当者の対応が信用できません。
担当者を変えてくれないなら他のハウスメーカーを探すしかありません。
担当者を他の方に変えていただけませんか?」

こんな感じで、相談されたんだと思います。

担当者が合わないと思っている人でも、なかなかそれを相談できる人はいないでしょうが、一生に一度の大きな買い物です。

遠慮してても、結局自分や家族が損をするだけです。

家に住むのはハウスメーカーの人ではなく、あなたなのですから、もっとワガママになってください。

気になることがあればどんどん相談や質問をして誠実な対応をしてくれる住宅会社と担当者を探してください。