HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が失敗しないための知識や体験談、家事や育児に役立つことを書いてます。

リビングを広くする間取りにしたらトイレが狭く床の掃除が大変

新築注文住宅の体験談・失敗談

投稿者:miyabi

間取りを考えた時、リビングを出来るだけ広くしたいと思い、
個室やトイレ、お風呂のスペースは最小限に抑えて設計しました。

トイレは一畳もありません。
やや圧迫感はありますが、用をたすには
それほど不便は感じません。

しかし、お掃除が一苦労なのです。
便器や床を拭こうとしても、壁と便器の間のスペースがないため
身体が入らず、奥までキチンとお掃除が出来ません。

お掃除がキチンと出来ないせいか、便器の境目から木が傷んできてしまい、
結果的に床をフローリングからタイルにリフォームし直しました。

トイレは特に毎日汚れる場所です。
便器や床はリフォーム出来ますが広さは変えられないので、
お掃除の事も考えて、最初からトイレを広くとるべきでした。

家づくり初心者が間取りを考えるのは危険

どうも、tomoです。

注文住宅は自由に間取りを決められるので、自分の理想とする間取りを作りたくなります。

でも、その理想の間取りは想像で考えただけの間取りなので、実際に住んでみるといろいろと問題がある場合があります。

今回の体験談では、リビングを広くするために他の部屋やトイレを狭くしたというお話でした。

掃除がちゃんとできないからフローリングの床が傷んだのかはわかりませんが、トイレの広さと掃除のしやすさは確かに関係があると思います。

トイレ掃除のことを考えると、手洗い場をトイレのタンクの上に付けるやつにするか、別に手洗い場として水栓を設置するかで悩むかもしれません。

我が家はトイレの水洗タンクの上に手洗いをして、手洗い場用の水栓は付けませんでした。

しかし、トイレ掃除のことを考えると手洗い場を別に用意した方が良かったと感じることがあります。

予算的に手洗い場を設置できるなら、付けといた方が良いと思うのが、トイレの手洗い場です。

タンクの上に手洗い場がなくなると、トイレの便座の選択肢も増えます。

タンクレスの便座にすることで、トイレが広くなり、壁付けトイレも選択できるようになり、トイレの床の掃除が圧倒的にしやすくなります。

家を建てる時は、広さも大切ですが、掃除のしやすさを優先することも忘れないでください。

ハウスメーカーを決めるときの条件として、掃除のしやすさも入れておくと良いかもしれません。

トイレの掃除のしやすさを優先するなら、設計段階から壁付けトイレを希望しておいた方が良いです。

壁付けトイレは壁に負担がかかるので、施工方法によっては設置できないので早めに相談する必要があります。

ハウスメーカーの担当者の選び方については、こちらの記事に書いてますので参考にしてみてください。

<a href=”https://hocolife.com/4005″>理想の家づくりに必要な信頼できる営業担当者の探し方と選び方</a>