掃除機・掃除道具をしまう収納スペースがない

口コミ・体験談

投稿者:優未

数年前に新築の注文住宅を建てることになりました。
工務店に毎週通い、話をつめていく段階で
一番時間がかかったのが間取りでした。

限られたスペースの中で、どこに何の部屋を配置するのか
決められるのは注文住宅ならではの贅沢な悩みのひとつでもありますが、
想像以上に大変でした。

義両親の部屋、義兄弟の部屋、私たち夫婦の部屋、
いずれ産まれる子供部屋を配置。

各部屋ごとにクローゼットをつけて、
タンスは買わない方向にし、なるべくシンプルにしようという話で
まとまりました。

その時はまだ気づかなかったのですが、
皆それぞれ自分たちの部屋やリビングキッチン、お風呂などのことで
頭がいっぱいで、大事な収納というスペースを考えることを
疎かにしていました。

というのも、キッチンには食糧庫がつきましたし、
据え付きのテレビボードや洗面台は収納スペースは十分ありました。

下駄箱も立派に家族5人分は大丈夫なものがついていて、
数畳の和室風スペースには押入れ、二回には屋根裏収納もありました。
だから十分足りていると勘違いを起こしていたのです。

ですが、いざ住むために引っ越したら大変なことが起きました。

掃除機をしまうスペースがない!
掃除道具をおいておくスペースがない!

あるある!と思っていた収納スペースでしたが
据え付きの収納には仕切りがついていて思っていたものが
そこに収まらない。

唯一少し広めの二回の屋根裏スペースは、
ひな人形や飼っているペットグッツ、私たち夫婦の布団などでいっぱい。
まだ使う予定のなかった子供部屋のクローゼットまで使っても足りません。

せっかくの新築のお家なのに物が出しっぱなしで
片付かないという最悪な事態になりました。

余分なスペースはなく、でも余分なもののない状況でしたので
早い段階で外に物置を買って、なんとか収納スペースを作りました。
そこももう満タンで、結局行き場のない掃除機は
いまだに部屋に出しっぱなしです。

収納。足りると思っていても、いざ定位置を決めてみたら
あれ?ってことがあるんですね。
納戸というスペースは住宅にとって、本当に重要なんだと痛感しました。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ