漆喰壁に付いたブルーレットの青いシミ・汚れを落とす方法

住宅ニュース・話題

我が家の壁はほとんどが白い漆喰壁になっていて、トイレの壁も白い漆喰で汚れが目立ちやすいです。

そんなトイレの壁を思いっきり汚してしまいましたが、なんとかシミをキレイに消すことができたのでその方法を伝えたいと思います。



白くてキレイだった壁は青い水でシミだらけに

どんな風に汚したかというと、トイレの汚れを落とす「ブルーレット置くだけ」の青い水をドバッと壁に引っ掛けてしまい青いシミを作ってしまいました。

漆喰壁にシミが付いた。

白い漆喰壁にブルーレットの鮮やかな青色が点々とつき、見事な水玉模様になりました。

「なんでこんなことに・・・」

この惨状を見て、わたしはガックリと肩を落としました。

なぜ、ブルーレットの青い水が飛び散ってしまったのか?

普通にブルーレット置くだけをトイレに置いただけなら、こんな風に壁に水が飛び散ることはありません。

しかし、わたしはチャレンジ精神から「手洗いなしトイレ」でも「ブルーレット置くだけ」が使えないかと工夫してみることにしたのです。

ブルーレット置くだけは普通、タンク上に手洗い場のあるトイレに設置するものですが、私が設置しようとしたトイレはこの「手洗い場のないトイレ」でした。

2階のトイレは「手洗いなし」

タンクの蓋を空けて、水が出るところが見つけました。

カバーを外すと吸水口が見える。

ここに「ブルーレット置くだけ」をチョコンと置きました。

タンクの中にブルーレットを置く。

これで「ブルーレット置くだけ」が使えないかと試しに水を流したら、水がドバーッと勢いよく出て壁のシミができてしまいました。

漆喰壁にシミが付いた。

壁のシミを取るためにすぐに行動したが。。。

自分のチャレンジ精神を後悔しながら、汚れを取るなら早く行動した方が良いと思い、すぐに消しゴムでこすってみました。

が、ぜんぜん汚れが落ちません。

次にメラミンスポンジでこすってみましたがダメでした。

「あ〜、このままこのシミが落ちなかったらどうしよう。。。」

まだ新築してから1年も経っていないので、気分は最悪でした。



過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を使ってみたら、効果絶大!

しかし、このままでは諦められないので、ネットで漆喰壁の汚れを落とす方法を調べて重曹などの漂白剤が良いと書かれていたのを見つけました。

そこで、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を購入。


Hiskitt(ハイスキット)シリーズ 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム) 1000g(溶けやすい極細粒タイプ)

水に溶かしてシミの目立つところに刷毛を使って塗って、1日放置してみました。

シミがだいぶ薄くなった。

シミの部分を拡大してみるとこんな感じです。

だいぶ薄くなったシミ部分を拡大

最初に比べたら、だいぶ色が薄くなりましたがまだまだ水色のシミがあるのがわかります。

この後もシミが目立つところを時間をおいて何度も塗っていったところ、数日後にはこんな感じになりました。

シミがほとんど分からない状態に。

シミがあった場所を拡大してみます。

ほとんどシミが消えた。

もうほとんど見分けがつかない程度まで見えなくなりました。

まだ、少し気になるところがあるので、もう少し手入れをしようと思います。

最初のシミを見たときはもうダメかと思っていましたが、ここまでキレイになって本当に良かったです。

過炭酸ナトリウムの漂白力は本物でした。

過炭酸ナトリウムを使う時の注意点

漆喰壁の青いシミをキレイにしてくれた過炭酸ナトリウムですが、使う時にはちょっとした注意点があります。

わたしが過炭酸ナトリウムを使った時に知らず知らずに、溶いた水を床にこぼれていたみたいで、床が点々と白くなってました。

水がこぼれて床が白くなってる。

壁がキレイになったと思ったら、今度は床が白く汚れるという二次被害にあってしまいました。

でも、これは水拭きで簡単に取れました。

ただ、長時間放置しておくとシミになりそうなので、過炭酸ナトリウムの水はこぼさないようにして、過炭酸ナトリウムを使った後は床を確認して、汚れていたらすぐに水拭きした方が安心です。


Hiskitt(ハイスキット)シリーズ 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム) 1000g(溶けやすい極細粒タイプ)

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ