確認もなく勝手に変更されて予算オーバーに

口コミ・体験談

投稿者:小梅ママ

義母と同居のために二世帯住宅にする事になりました。

三世代の人たちが住むので、それぞれの希望があると思い、
自分の部屋はなるべくその人の希望にそうようにしました。

リビングや子供達の部屋、夫の部屋と私の部屋は
フローリングにしましたが、義母の部屋は和室にしました。

和室は畳や壁、障子や押入れの唐紙などの種類によって
価格の幅がとても広いので、なるべく義母の希望に沿って
見積もりをしていただきました。

義母は、新しい家の工事中に頻繁に現場に行っていました。
そこで大工さんと話している中で最初の予定と違う事を
大工さんにお願いしていたようで、
中間支払いの時に工事変更がたくさんありました。

そのため途中の時点で見積もりをだいぶオーバーしていました。

大工さんと設計士さんには、
「今後の変更はお金を支払う私たちに確認してからにして欲しい」
とお願いしました。

最終的に予算をはるかにオーバーしてしまいました。

大工さんは言われれば直ぐに変更してくれて親切だと
義母は思っていたようですが、それに伴うお金が発生するとは思わずに
あまり大切でない事でも気軽に頼んでいたようす。

きちんと義母に変更の時は私たちを通すようにと話さなかった事と、
設計士さんと大工さんに変更の時は私たちに確認してからと言う事を
確約していなかったので、金銭的に大きな損失をしました。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ