HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が失敗しないための知識や体験談、家事や育児に役立つことを書いてます。

ハウスメーカーの営業担当者が若くて失敗?!年配の方が良かったかも

投稿者:らら

新築住宅も、施工会社の担当者の経験があるかないか、
センスがイイかどうかによってだいぶ変わります。

我が家を建てるときの担当者は若い担当者で
気が利かなくて困りました。
言われる通りにするだけで、アドバイスがありませんでした。
ただ、発注専門の人といった感じです。

頑張ってはいますが、住宅には知識が要ります。
こんなことがあったらいいというものがほしかったです。
経験のある人に担当してもらう方が良かったと思います。
それが大変残念です。

その会社のホームページに公開されている物件も、
施主の好みが出ていて、ハウスメーカーの担当者からの
アドバイスがほとんどないことを物語っていたと思います。

担当者も家を建てていないと、家づくりのアドバイスは
いいものがいただけないようです。
そう考えると営業担当者は若い人よりも
年配の人の方が良かったです。

「住宅会社選び=担当者選び」と言っても良い

どうも、tomoです。

家を建てる時の住宅会社選びは重要なことの一つです。

そして、住宅会社が決まったとしても担当者によっては自分の思っている対応をしてもらえないことがあります。

今回の体験談では、担当者が若い人で、十分なアドバイスを貰えなかったというものでした。

若い担当者だと自分の家を建てた経験がないでしょうから、家を建てるときの気持ちがわかりにくいかもしれません。

家を建てたことがあるかどうかだけが経験ではないでしょうが、自分で家を建てて失敗や後悔をしていた方が親身にはなってくれそうですよね。

自分の勤めている会社で家を建てた場合だと、失敗したことをわざわざ言うことはないと思いますが、アドバイスに説得力が増すはずです。

住宅会社選びでは、どんな担当者になるのかも比較検討することが大切です。

まあ、どんなことでもそうですが、比較しないで決めるのが一番ダメで、失敗する確率が高くなります。

間取りプランを決めて最終的に契約するまでは、最低3社から検討して比較してください。

土地探しの前や早い段階で「ここにしたい!」という住宅会社があったとしても、契約するギリギリまで比較をした方が良いです。

住宅は高い買い物ですし、知識がない素人がそんな簡単に決めてはいけません。

悩む時間があるなら、悩めるだけ悩んで決めた方が後悔のない家づくりができます。

住宅会社だけでなく、担当者選びも慎重に行ってください。

■参考記事

理想の家づくりに必要な信頼できる営業担当者の探し方と選び方