資材高騰と工務店がコンセント位置をミス

口コミ・体験談

投稿者:すわべあきぴろりん

昨年2013年の5月、
親戚に工務店を経営している人がいますので、
その方に、私の新築住宅を発注しました。

消費税の8%への増税に間に合うように
注文を出しました。

間取りや、設備など、ひとつひとつ相談して
設計図を書きあげて行きました。

生活動線も考慮に入れ、それぞれの部屋の
コンセントの位置や数も慎重に検討しました。

いよいよ建築がはじまったのですが、
資材費が高騰していると言われました。
そのため、当初予算からの10%オーバーを
余儀なくされました。

これが、ひとつめの誤算です。

ふたつめの誤算は、建築が順調に進んで
ほとんど完成して家を検分したところ、
本来コンセントの差し込み口として設計していた部分が、
壁でふさがってしまっていた点でした。

これは工務店のミスでしたので、やり直してもらうか、
そのままで値引きするかの判断だったのですが、
そのままにして値引きしてもらいました。

この2点は、誤算でした。

完成して、いま実際に住んでいますが、悪くはありません。
増税前の駆け込み建築でしたが、コンセント以外は
丁寧にしっかり施工していただけました。
資材高騰だけは読めませんでした。

注文住宅で後悔しないための家づくりの流れ

1.注文住宅について学ぶ

注文住宅の勉強をする
注文住宅で家を建てるために必要な基礎知識を学んでいきます。
この基礎知識がないと、たくさんの住宅会社を比較してもどこが良いのかを判断することができません。
インターネットの住宅サイトで学んでも良いですが、おすすめは書籍で学ぶ方法です。
書籍で勉強する時は、1人の書籍だけだと情報が偏る可能性があるので、最低でも著者の違う本を3〜5冊は読んでください。

2.新築建売や中古住宅などを実際に見に行く

住宅を見に行く
家づくりの基礎知識がわかったら、実際に建てられている住宅を見に行ってみましょう。
住宅展示場へ行くのも良いのですが、モデルハウスは実際に人が住む家ではないのであまり参考になりません。
それよりも、実際に人が住むことを前提としている「新築(建売)」や人が住んでいた「中古物件」などを積極的に見ていってください。
実際の家をたくさん見ることで、今のトレンドや実際に生活したときのイメージを具体的に想像することができます。

3.住宅会社を比較して決める

住宅会社を選ぶ
あなたが住みたい家のイメージが固まってきたら、いよいよ家を建てるパートナーとなる住宅会社探しです。
カタログだけをもらいに住宅展示場へ行くのも良いのですが、カタログをもらうためにはアンケートを書いたり営業マンと話をするのが面倒です。
そんな時は「住宅カタログ一括請求」を利用すると、3分程度の手続きで複数業者に一括で資料請求ができます。
各社から資料が届いたら、予算や工法、間取り、担当者などを比較してあなたの希望に合った業者を選んでください。

→ 住宅カタログの一括資料請求はこちら

間取り比較サービス

複数の間取りプランを比較して満足度120%の家を作りたいなら!

>>詳細はこちら<<

あなたにおすすめの記事

ページの先頭へ