HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が失敗しないための知識や体験談、家事や育児に役立つことを書いてます。

壁紙を柄の違いだけで選んだら2年で破れや汚れが目立ってきた

投稿者:ふれぇーる

家は生涯3回建てないと満足したものができない
といった言葉はよく耳にしますが、そう何度も買える代物ではないため、
みんなよくよく考えて家を新築されると思われます。

しかし、注文住宅なんていうと、考えるべきことが膨大にあり、
住んでみてあとあと考えると、あーしておけばよかった、
こーしてよけばよかったってことは結構あると思います。

私の場合は、壁紙をケチって普通の壁紙を選んでしまったことです。

壁紙なんて柄を選べばよいものだと思っていたのですが、
その素材によって、汚れにくいものや破れにくいものなど様々あり、
機能が充実していればその分値段は高くなります。
そこでケチった自分がバカでした。

住みはじめてから子供が生まれ、その子が大きくなってきたことや
使っているうちに、なんだかんだ壁紙が破れてしまったり
汚れが落ちなくなってきたりが目立ち始めました。
住んで2年後くらいのことです。

壁紙なんて後から張り替えるとなると、家具の移動や
エアコンがついているところの張り方が難しそうであったり、
かなり難儀な仕事に思われます。
これはケチらずに高価なものを選んでおけばよかったと思います。

今のところ汚れたらすぐ拭くとか
なるべく壁をこすらずに生活するなどの
対処しかとれておりません。

小さな子供がいれば汚れるのは必然

どうも、tomoです。

今回は、壁紙の汚れや破れが目立ってきたという体験談でした。

壁紙の機能性をどこまで求めるかはなかなか難しいですね。

大人だけなら、壁紙を汚さないように気を付けることができますが、小さな子供がいるとなかなかそうはいきません。

他にも、大人でも部屋の模様替えで家具などを動かしたりすると気が付かずに壁に傷を付けてしまうことはありえます。

わたしの家は、壁紙ではなく塗り壁で『珪藻土(けいそうど)』にしました。

柱が室内に露出している真壁(しんかべ)ですが、壁が白いので部屋全体が明るいです。

その変わり汚れるとけっこう目立ちます。

トイレも珪藻土にしたのですが、子供が手を洗った後に壁を触るのでよく汚れます。

家の中で走り回って遊ぶときにも、壁に手をつくことがあるので、子供の手の届くところは汚れがちなので、小さな子供がいるうちは、汚れるものと思って覚悟した方が良いですね。

子供のことを考えて、汚れにくい壁紙にするか、汚れを気にしないおおらかな心を持ちましょう。