HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が失敗しないための知識や体験談、家事や育児に役立つことを書いてます。

1階裏の窓が大きすぎた?!防犯にもっと気を使うべきでした

新築注文住宅の体験談・失敗談

投稿者:紅水晶

我が家は注文住宅を新築しました。
だいたいどのような家、というのは、担当していただいた
ハウスメーカーさんの建売を見て決めていましたが、
細かいことを決めるのが大変でした。

失敗したなと感じたことは、窓です。
家の裏側の窓の事なのですが、一階のトイレや
階段の窓が少し大きすぎたなという点です。
それから、格子などもついていません。

うちの前に、同じメーカーでほぼ同じ間取りの家が
建ったのですが、その家の一階裏側の窓が2階の物よりも
半分の幅のものを使われているのを見て、我が家も防犯上
小さめな窓にすべきだったかもと反省しました。

横すべり窓なのですが、無理すれば
大人が一人通れてしまう大きさです。
一方、前のお宅の窓は、子供でもきっと通れません。

風通しの面では大きめがいいですが、
防犯面では失敗だったかもしれません。
今後防犯砂利などで対応したいです。

もしものときのために防犯を考えておく

どうも、tomoです。

新築住宅を建てるときに考えることがいろいろありますが、間取りと合わせて防犯面についても考える必要がありますね。

もしものときに備えるものなので、生命保険と同じで絶対に必要ってわけじゃないです。

なので、それぞれの家庭でどれくらい防犯について考えるかは変わってきます。

今回の体験談では、1階裏側の窓が大きめだったので防犯上心配ということでした。

たしかに窓が小さければ、人が入りにくくなるので空き巣被害の心配が減りますね。

砂利を設置するなど、空き巣が入りにくい環境を作るのは大切だと思います。

あとは、日頃からの防犯意識を高めることも重要です。

どんなに防犯を考えた家づくりをしても、玄関のドアの鍵をかけ忘れたり、窓の開けっ放しで外出していたら、空き巣に狙われてしまいます。

防犯面を考えれば、防犯カメラや玄関のオートロック、セキュリティ会社との契約などいくらでも対策方法はあります。

しかし、当然ながら設備を充実させればそれだけ費用もかかるので、どこまで対策するかは費用対効果を考えて決めた方が良いですね。