HOCOLIFE 家族を幸せにする家づくり

家づくり初心者が失敗しないための知識や体験談、家事や育児に役立つことを書いてます。

3階建ての二世帯住宅に建替えたけど不満が多く慎重に考えるべきだった

投稿者:ちはるだいすき

私が2人目を出産した後に私の実家を壊して
狭い土地に鉄筋の3階の家を建築しました。
2世帯住宅です。

注文した業者は私が以前に働いていた
中部積水関係に勤めていた建築士の方にお願いをしました。

間取りは1階は父と母が住む場所と浴室があり、
2階にはリビングと小さなキッチンと息子の部屋を設計して貰いました。
3階は娘の部屋と私と主人が寝る寝室を設計して貰いました。

私は正直3階に小さなシャワールームが欲しかったのですが、
予算の関係で却下されました。

また主人がマージャンをする人だったので
娘の部屋を一時的にマージャン部屋にしました。
タバコを吸うので換気扇を付けて貰いました。

設計的には不満な所が多かったです。
陽当たりも余り良くありませんでした。

今思えばもっと慎重になって設計等を
考えれば良かったと反省しています。
天井や壁等のクロスが直ぐ剥がれてしまうのが不満な点です。

二世帯住宅で考えるべき共有スペース

どうも、tomoです。

今回は二世帯住宅を建てたけど、間取りなどの設計に不満があり、天井や壁のクロスが剥がれやすいという体験談でした。

設計の不満については詳しく書かれていませんが、3階にシャワー室を設置したかった書かれているので、おそらく親世帯と共有するキッチンやお風呂場などを別にしたかったのかと思います。

二世帯住宅にする場合、どこまでを共有スペースにするかな悩ましいポイントですね。

親世帯と子世帯で玄関を分けたり、お風呂やキッチンを分ける方法もありますが、世帯ごとに利用する設備を分ければ分けるほど費用がかかるし、使わなくなったときに無駄になってしまう可能性があります。

普通の注文住宅よりも二世代住宅は考えることが増えるので、設計士とはよく相談をしてから間取りを決めていった方が良いです。

最初から、二世帯住宅にすることが決まっているなら、二世代住宅を得意とするハウスメーカーや設計士にお願いすると話がスムーズですね。

もちろん、間取りを決める前に複数のハウスメーカーの間取りプランを比較することも忘れないでください。

間取りプランを比較することで、より良い間取りを作ることができます。

家づくりをする時の住宅会社選びは慎重に決めることをオススメします。